2013年3月8日金曜日

レビュー:ブラントン その馬のボトルキャップの愉しみ

Blanton's(ブラントン)を飲んだ。75点。
ブラントンはアメリカン・ウィスキーで、通称“バーボン”と呼ばれるケンタッキー州の酒だ。ケンタッキーダービーのサラブレッドがボトルキャップに使われていて、かなりインパクトが強い。
このバーボンが特徴的なのは、シングル・バレルということだ。(通常、さまざまな個性の樽の原酒を混ぜてボトリングするが、このブラントンは樽から出したまんまだ。だからボトルで個体差があるはず)


【評価】
グラスから上がる香りには、ねっとりした甘みの奥に竹と炭を感じる。バラの茎。ドライの木苺。
グラスを傾ければ、そのままの香りが口中に拡がる。焦がしと熱、そして甘みをじりじりと残しながら、ゆっくりと消えていく。
バランスは取れているが、味わいの幅は限定的なウィスキー。

【Kawasaki Point】
75point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Blanton's(ブラントン)
地域:アメリカ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

ねっとりした甘みの奥に竹と炭

バラの茎。ドライの木苺。

ボトルキャップは全部で8種類

B, L, A, N, T, O, N, S の8種類の馬の姿

ゴール!!


8種類のボトルキャップを集める愉しみもあるようで・・

甘みをじりじりと残しながら、ゆっくりと消えていく


ブラントンを瓶詰めする様子。作業している人、ぜったい酔っ払うよなぁ・・・。



バッファロートレース蒸留所は、ケンタッキー州にあり、ブラントンを作っている。

大きな地図で見る



4 件のコメント:

  1. もう一つ、あるんですけどね
    アルファベットなしのやつがあります。
    ホントは、9種類じゃ?

    返信削除
    返信
    1. 台座は8種類で完結していましたが、アルファベットなしがあるのですね!知りませんでした。

      削除
  2. アルファベットを入れるようになったのが最近で、昔はアルファベットが無かったと聞きました。コルクを取り外すと木螺子になっていて、壁にねじ込むと帽子掛けになるとも聞きました。確かめていないですけど。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      木螺子のこと、私も知らないですがお洒落なエピソードですね。

      削除