2013年4月12日金曜日

レビュー:ブルイックラディ ロックス 実験的なウィスキー

BRUICHLADDICH ROCKS(ブルイックラディ ロックス)を飲んだ。56点。

ブルイックラディ蒸留所は一度は閉鎖していたものの、ジム・マッキュワン氏が「なんとかならないか」と皆に頼まれ、2001年に蘇らせた、いわゆる「復活系蒸留所」だ。このジム・マッキュワンは、天才的なブレンド技術を持つことで知られるスター・ブレンダーだ。世界一のピートを効かせたウィスキー「オクトモア5」(※レビューはこちら)も彼の仕事。また、この蒸留所は昨年、レミーコアントロー社に買収されたが、ジム・マッキュワンが買ったときの値段の5倍で取引された。ジムは引き続き蒸留所にいるが、今年の8月に引退を予定している。

ボウモアでマスターブレンダーをやった後、地元のアイラ島のブルイックラディを復活させ、企業価値を5倍に高め、商業とアートのバランスを取り、引退を決めている男。毒舌でも知られ、自らのウィスキーをべた褒めする、ひとクセあるカッコいい男なのだ。

今回の「ロックス」はそのジムが「デザイナーズ・ウィスキー」と名づけ、世に放つシリーズ。ラベルにはブルイックラディの「18億年前の岩盤を通ってきた水を使用し・・・云々」の説明がある。アイラ島の地層ってなんだか古くて、世界から調査に来るみたい。それが味にどう影響するのかは・・不明。

金色のシールは「ジム・マッキュワン」のサイン

【評価】
グラスから立ち上る香りは、ニューポットかと思うほどの麦の酸味だが、割とまろやか。男性的。
グラスを傾け、口に含めば、まろやかかつ滑らかで、麦が分解されていく不思議な味わい。ミネラリー(鉱物感)。甘み、渋み、これらを支える構造がさりげなく、主張しないので、ひたすらこの麦とミネラルに集中できる。
実験的なウィスキー。(ウィスキーとしての点数は低いが、この実験的な姿勢は評価したい)

【Kawasaki Point】
56point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:BRUICHLADDICH ROCKS(ブルイックラディ ロックス)
地域:Islay, アイラ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

ひたすら麦とミネラル

18億年前の岩盤を通ってきた水を使用。ウィスキー界でもっとも古い岩盤だ。・・と書いてある。


ブルイックラディ蒸留所は湾を挟んでボウモアの向かい側にある。地図で確かめてみて。

大きな地図で見る



2 件のコメント:

  1. BLUICHLADDICH 綴りが間違ってますが・・・

    返信削除
  2. ご指摘ありがとうございます!おかげさまで直せました!

    返信削除