2013年4月17日水曜日

レビュー:スプリングバンク1973 18年 ラムカスク ~激しいドラマ~

Springbank 1973 18yo Rumcask(スプリングバンク 1973年 18年熟成 ラムカスク)を飲んだ。88点。
現在はほとんど流通していない、いわゆるオールドボトルである。さてはて香味やいかに。

1991年9月にボトリングされている

【評価】
グラスを傾け香りを味わえば、アルコールの刺激、甘みと重みの含まれた酸味、そして甘みの奥にうっとりする木の香り。清涼感もある。木に擦り付けたアッシュ(灰)だが、まろやか。雨上がりの草花。古い洋書の読書。永い時間を連想させる。
いよいよ口に含めば、うっとりする甘みの後に、スパイシーさが上がってきて、その後、アルコールが全体を覆い、すべての要素をまとめて、旨みと調和させる。
激しいドラマを見せるウィスキー。

【Kawasaki Point】
88point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Springbank 1973 18yo Rumcask(スプリングバンク 1973年 18年熟成 ラムカスク)
地域:Campbeltown, キャンベルタウン
樽:Rum Butt, ラム
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル



今はほとんど蒸留所が残っていないキャンベルタウンという港町で、操業を続けるスプリングバンク蒸留所の位置を地図で確かめてみて。

大きな地図で見る


0 件のコメント:

コメントを投稿