2013年10月23日水曜日

レビュー:キャパドニック1992 20年 モリソン&マッカイ 幻想的で、鋭く、はかない

CAPERDONICH 1992 20yo MORRISON & MACKAY Seriese:WORLD WONDERS(モリソン&マッカイのワールド・ワンダーズ キャパドニック 1992 20年熟成)を飲んだ。89点。
このワールド・ワンダーズのシリーズは総じて樽チョイスのレベルが高い。

このボトルのラベルに描かれたWorld Wonders(世界の七建造物)は「ギザの大ピラミッド」だ。非常に精度の高い建造物で、今もってそこに込められた意図や、建設過程はナゾに包まれている・・・。しかし、今回もラベルとボトルの中身は一切関係ないと思われる。

果たして今回のボトルの中身の香味やいかに。

キャパドニック 1992 20年熟成

【評価】
グラスから立上るのは、甘い煙がアルコールと融合して、正体のつかめない魅惑のフルーツ、しかしはっきりとブドウと古い木を感じる。ほんのわずかにシナモン。木でできた小屋のとなりに咲く赤い花をつける背の低い古木。
口に含めば、予想していたフルーティさに襲われる。ペッパー、ほどよい粘度を感じ、しっとり。鋭角なスパイス、鼻から抜ける煙が後味を支えている。
ガラス作家のつくる作品のように繊細で、幻想的で、鋭く、はかない。

【Kawasaki Point】
89point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄: CAPERDONICH 1992 20yo(キャパドニック 1992 20年熟成)
地域: Highland, ハイランド
樽: Bourbon, Oak  バーボン、オーク
ボトル:MORRISON & MACKAY, モリソン&マッカイ

正体のつかめない魅惑のフルーツ

ギザの大ピラミッド

キャパドニックはもう閉鎖している蒸留所だ

ガラス作家のつくる作品のように繊細で、幻想的で、鋭く、はかない。



0 件のコメント:

コメントを投稿