2013年10月13日日曜日

レビュー:白州シェリーカスク2012 まとまったシェリー

白州シェリーカスク 2012(HAKUSHU Sherry Cask 2012)を飲んだ。82点。
記憶になかったけれど、白州シェリーカスク 2013を飲んだときは87点で「午前十時の森林」と表現していた。「2012」と「2013」ではどのように香味が違うのだろうか?

白州シェリーカスク 2012

【評価】
グラスから立上る香りは、古くて使い込まれた小学校の机、夕刻に斜めのオレンジ色の陽が差す誰もいない教室、時刻に焦る。やや尖った酸味の強さが目立ち、甘いチョコレート。
口に含めば、割とまとまったシェリー。強く樽の主張を感じるが何重かの甘みがなんとかバランスを保つ。
甘ったるさと木の渋み、ややパンチが強いが、これなら「シェリーとは何か」の良い入門編になるかもしれない。

※2012はインパクトが強いわりにシェリーがまとまっているが、2013の方が白州独自の爽やかさとシェリーの深みがより高いレベルで調和していると感じた。

【Kawasaki Point】
82point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:白州シェリーカスク2012(Hakushu Sherry Cask 2012)
地域:山梨県 日本
樽:Oak, Sherry, オーク、シェリー
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

やや尖った酸味の強さが目立ち、甘いチョコレート


何重かの甘み


ややパンチが強いが、
これなら「シェリーとは何か」の
良い入門編になるかもしれない

白州蒸留所の位置を地図で確かめてみて。

大きな地図で見る



0 件のコメント:

コメントを投稿