2013年10月31日木曜日

レビュー:キルケラン ワークインプログレスⅡ 進化の過程

KILKERRAN 6yo Work in ProgressⅡ(キルケラン ワークインプログレスⅡ 6年熟成)を飲んだ。65点。
キルケランは、グレンガイル蒸留所からのリリース。この蒸留所、2004年にキャンベルタウンに125年ぶりにできた新蒸留所だ。同じくキャンベルタウンのスプリングバンクと同じクロスヒル湖の水を使用しているらしい。
今回のボトルは Work in Progress つまり、「進化の過程」と自ら名乗ってリリースしている。
さてはて、香味やいかに。

キルケラン 6年熟成

【評価】
グラスから立上る香りは、いぶした麦と塩っぽさ、おつまみのよう。少し尖った面もある。
口に含めば、炎天下の焼けたタイヤ。粘土の多い土。プールサイド。レザー。
木のテーブルでじっくり読書しながら飲みたいウィスキー。

【Kawasaki Point】
65point

【基本データ】
銘柄:KILKERRAN 6yo Work in ProgressⅡ(キルケラン ワークインプログレスⅡ 6年熟成)
地域:Campbeltown, キャンベルタウン
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

いぶした麦と塩っぽさ、おつまみのよう

炎天下の焼けたタイヤ。粘土の多い土。プールサイド。レザー。


フォントの使い方が思い切っている良いデザインのボトル



0 件のコメント:

コメントを投稿