2013年11月17日日曜日

レビュー:ダルウィニー15年 角の取れたなめらかな・・・

Dalwhinnie 15yo(ダルウィニー15年熟成)を飲んだ。85点。
標高330mにあるという蒸留所は、スコットランドの中でも「最も高いところにある蒸留所のひとつ」だそうだ。シングルモルトの味わいに、蒸留所の立地は大きく関連しているといわれる。
さてはて、その香味やいかに。

ダルウィニー15年熟成

【評価】
グラスから立上る香りは、うっすら、ほんのり。ガラスの器に水を張って、小さな花びらを散らしたよう。わずかに煙がおおう。
グラスを傾けそっと口に含めば、ニスを塗っていない長い木のカウンターを、手でさすっているかのような、優しい印象。カウンターはまっすぐではない。手で触るとわかるでこぼこがあり、それも角が取れてなめらかで触感の楽しさになる。
美しく静かに飲めるウィスキー。

【Kawasaki Point】
85point

【基本データ】
銘柄: Dalwhinnie 15yo(ダルウィニー15年熟成)
地域: Highland, ハイランド
樽: Bourbon, Oak  バーボン、オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル 

ボトルキャップのマーク


The Gentle Spirit

明るい黄金色だ

紋章の左下に描かれているのは山だろうか


美しく静かに飲めるウィスキー

たまにはアップの画で。ダルウィニー蒸留所はかなりのどかな場所にあるようだ。地図を拡大したり縮小したりして確かめてみてほしい。
大きな地図で見る



0 件のコメント:

コメントを投稿