2014年2月15日土曜日

レビュー:タリスカー 10年 銅で出来た小さなオブジェ

TALISKER 10yo(タリスカー 10年熟成)を飲んだ。83点。
人口1万人程度のスカイ島でつくられるウィスキー。夏の最高気温も15℃程度で霧の多い島のようだ。
さてはて、そんな島で作られるウィスキーの香味やいかに。

タリスカー10年熟成

【評価】
グラスに鼻を近づければ、積んだ干草、秋の夜空。牡蠣の香り。隣の家の女性が庭で日記を焼いている。
グラスを傾け口に含めば、ソフトに入ってくる。目が慣れて細かい星までよく見える。穏やかな秋の夜風を感じる。
手の温もりが感じられる銅で出来た小さなオブジェのようなウィスキー。

【Kawasaki Point】
83point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:TALISKER 10yo(タリスカー 10年熟成)
地域:Islands, アイランズ
樽:Oak,  オーク,
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


スカイ島で唯一の蒸溜所 タリスカー

スカイ島はこんな形

秋の夜空。牡蠣の香り。

穏やかな秋の夜風を感じる


タリスカー蒸溜所の位置を地図で確かめてみて。山と港と湖の多い島。




0 件のコメント:

コメントを投稿