2014年11月7日金曜日

レビュー:グレンカダム1989 15年 シグナトリー 角度により表情を・・・

GLENCADAM 1989 15yo Signatory Vintage(グレンカダム 1989 15年熟成 シグナトリー社のビンテージシリーズ)を飲んだ。87点。
グレンカダムは少しマイナーだが、バランタインの原酒(バランタインの魔法の7柱のひとつ)としても知られている。今回は、1989年に蒸留され、シェリー樽で15年間熟成させたグレンカダム。果たして、その香味は。

グレンカダム1989 15年熟成

【評価】
グラスから立ち上る香りは、コンクリートと有機溶剤。クヌギの木。木の艶。重たいがきっちり組まれた木の家具。重厚さ、そして繊細さ。
口に含めば、しっとりとしながらも重い。桐のタンスの柔らかさよ。その黒い鉄で出来た金具の冷たさよ。
ゆったりと、角度により表情を変え、怪しく光るその金具よ。

【Kawasaki Point】
87point

【基本データ】
銘柄:GLENCADAM 1989 15yo(グレンカダム 1989 15年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, Sherry, オーク、シェリー
ボトル:Signatory, シグナトリー社

シグナトリー ヴィンテージシリーズ

578本のうちの304番めのボトル

ゆったりと、角度により表情を変え・・・




グレンカダムはゲール語で「灰色雁(ガチョウ)の谷」という意味。
蒸溜所の位置を地図で確かめてみて。





0 件のコメント:

コメントを投稿