2014年2月25日火曜日

レビュー:マックミラ スペシャル5 ハッピーハンティング 朝露の甘みよ

Mackmyra Special 5 Happy Hunting(マックミラ スペシャル5 ハッピーハンティング)を飲んだ。83点。
マックミラはスウェーデンの比較的新しい蒸溜所で、実験的な試みも多いようだ。ニューワールドのウィスキーはワクワクする。このウィスキーは、コケモモのワイン樽で熟成されたもののようだ。
さてはて、その香味やいかに。

マックミラ スペシャル5 ハッピーハンティング

【評価】
グラスから立ち上るのは、若草で透明感のある香り。朝露の甘みよ。清流と鉄分。
口に含めば、淡く香る。厚みのあるふわふわしたハチミツバターのホットケーキを頬張る。
さわやかで若々しいのに優雅。

【Kawasaki Point】
83point

【基本データ】
銘柄:Mackmyra Special 5 Happy Hunting(マックミラ スペシャル5 ハッピーハンティング)
地域:Sweden, スウェーデン
樽:oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


2010年 秋

バーコードにちょっとした遊び心




2014年2月23日日曜日

レビュー:カバラン シングルモルト 滝つぼで遊んだ・・・

KAVALAN Single Malt(カバラン シングルモルト)を飲んだ。78点。
台湾のウィスキーで、いわゆる5大ウィスキー(アイルランド、スコッチ、バーボン、カナディアン、ジャパニーズ)に分類されていない、ニューワールドのウィスキーだ。
さてはて、その香味やいかに。

カヴァラン蒸溜所から。シングルモルト
【評価】
グラスから立ち上るのは、甘く強調した花びら。滝と森の苔。夏の水遊び。
口に含めば、過ぎ去って行く夏の日々。淡い思い出。滝つぼで遊んだ感覚。
ライトで穏やか、そしてほのかな味わい。

【Kawasaki Point】
78point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:KAVALAN Single Malt(カバラン シングルモルト)
地域:Taiwan 台湾
樽: Oak,   オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル



甘く強調した花びら。滝と森の苔。夏の水遊び。

ライトで穏やか、そしてほのかな味わい。





2014年2月22日土曜日

レビュー:カバラン コンサートマスター ポートカスク キレイな思い出を・・・

KAVALAN Concertmaster Port Cask Finish(カバラン コンサートマスター ポートカスクフィニッシュ)を飲んだ。83点。
カバランといえば、これから日本でも有名になっていくであろう台湾のウィスキーだ。雪山山脈の水を使用し、台湾の温暖な気候で熟成させる。スコッチと比較し熟成年数は短い。
さてはて、その香味やいかに。

カバラン コンサートマスター ポートカスクフィニッシュ

【評価】
グラスから立ち上る香りは、大きな丸い岩に生えた苔、クヌギの木についた昆虫を近くでじっと眺めて長時間過ごす少年。スイカ。縁側。
口に含めば、突然の雨でぬかるんだ土の香り。焦って走り帰る家まで。頭を拭くタオルの柔らかな感触。
まるでキレイな思い出を観せてくれるウィスキー。

【Kawasaki Point】
83point

【基本データ】
銘柄:KAVALAN Concertmaster Port Cask Finish(カバラン コンサートマスター ポートカスクフィニッシュ)
地域:Taiwan 台湾
樽: Oak, Port Cask,  オーク、ポートカスク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

ボトルキャップには金車のロゴ

特徴的な肩




まるでキレイな思い出を観せてくれるウィスキー



2014年2月16日日曜日

レビュー:タリスカー ストーム 寒い冬の海岸

TALISKER STORM(タリスカー ストーム)を飲んだ。83点。
嵐をモチーフとしたラベルもイメージを掻き立てる。さてはて、その香味やいかに。

タリスカー ストーム

【評価】
グラスから立ち上るのは、燻製してくたびれた鰹の燻製。広葉樹の葉。腐葉土。潮風。
口に含めば、貝のダシがよく出たスープ。胡椒が効いている。寒い冬の海岸。
あゝ、温まりたいときに飲みたいウィスキー。

【Kawasaki Point】
83point

【基本データ】
銘柄:TALISKER STORM(タリスカー ストーム)
地域:Islands, アイランズ
樽:Oak,  オーク,
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

タリスカーのロゴ

強烈なタリスカー/あたたかくも深遠な海の個性よ/
荒々しい ヘブリディーズ海から ここへ

燻製してくたびれた鰹の燻製

貝のダシがよく出たスープ。胡椒が効いている。寒い冬の海岸


タリスカーの故郷、ヘブリディーズ海を地図で確認してみて





2014年2月15日土曜日

レビュー:タリスカー 10年 銅で出来た小さなオブジェ

TALISKER 10yo(タリスカー 10年熟成)を飲んだ。83点。
人口1万人程度のスカイ島でつくられるウィスキー。夏の最高気温も15℃程度で霧の多い島のようだ。
さてはて、そんな島で作られるウィスキーの香味やいかに。

タリスカー10年熟成

【評価】
グラスに鼻を近づければ、積んだ干草、秋の夜空。牡蠣の香り。隣の家の女性が庭で日記を焼いている。
グラスを傾け口に含めば、ソフトに入ってくる。目が慣れて細かい星までよく見える。穏やかな秋の夜風を感じる。
手の温もりが感じられる銅で出来た小さなオブジェのようなウィスキー。

【Kawasaki Point】
83point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:TALISKER 10yo(タリスカー 10年熟成)
地域:Islands, アイランズ
樽:Oak,  オーク,
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


スカイ島で唯一の蒸溜所 タリスカー

スカイ島はこんな形

秋の夜空。牡蠣の香り。

穏やかな秋の夜風を感じる


タリスカー蒸溜所の位置を地図で確かめてみて。山と港と湖の多い島。




2014年2月11日火曜日

レビュー:グレンモーレンジ マディラウッドフィニッシュ 休日の午後の・・・

Glenmorangie Madeira Wood Finish(グレンモーレンジ マディラ・ウッド・フィニッシュ)を飲んだ。85点。
この「フィニッシュ」というのは、「熟成期間の最後の方にこの樽で熟成して仕上げました」という意味だ。つまりこのマディラ・ウッド・フィニッシュは、「熟成期間の最後の方、マディラワインの樽で熟成させて仕上げたものです」という意味だ。
マディラワインは、ポルトガルで作られる酒で、シェリーやポートワインと並んで三大酒精強化ワインと呼ばれている。酒精強化というのは、アルコールを添加して度数を引き上げた、という意味である。酒精・・・、昔はアルコールに火がつく現象は、酒の精(=スピリッツ)が起こしているものと考えられていた。
さてはて、このボトルの香味やいかに。

グレンモーレンジ マディラウッドフィニッシュ

【評価】
グラスに鼻を近づけてそっと息を吸い込めば、バラの花びらを撒いて、アルコールランプに火を灯す。バラのお風呂に浸かりながら、深く息を吸い込む。深くリラックスする。
口に含めば、まるでローズウォーター。山で湧く清水のような。ほんのり甘くてふくよかな香り。
休日の午後のリフレッシュ。

【Kawasaki Point】
85point

【基本データ】
銘柄:Glenmorangie Madeira Wood Finish(グレンモーレンジ マディラ・ウッド・フィニッシュ)
地域:Highland, ハイランド
樽:American Oak, Madeira Wood finish, オーク, マディラウッドフィニッシュ
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル





マディラウッドフィニッシュについての説明

バラの花びらを撒いて、アルコールランプに火を灯す

ローズウォーター。山で湧く清水のような。

休日の午後のリフレッシュ





2014年2月8日土曜日

レビュー:グレンリベット18年 複雑さを極めたこの甘み・・・

The Glenlivet 18yo(グレンリベット 18年熟成)を飲んだ。85点。
前回のグレンリベット12年熟成に続いて。ちなみにこのように同じ銘柄のウィスキーを熟成年数だけ変えて飲むことを「垂直飲み」(vertical tasting)と言ったりする。その香りの違いを愉しむ。
さてはて、18年熟成の香味やいかに。

グレンリベット18年熟成

【評価】
グラスに鼻を近づければ、複雑さを極めたこの甘みよ。チョコレートのようであり木苺のようであり、深夜の始まりのようであり、夜明け前であるような。こころをほぐす香り。
口に含めば、上品な香水がひとすじ垂れてきて、香りが味わいに変わる。プレッツェルの小麦感。
香水は過ぎ去って行くが味わいも不思議と残して行く、そういったウィスキー。
土から湧き出る春の雰囲気。

【Kawasaki Point】
85point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:The Glenlivet 18yo(グレンリベット 18年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


複雑さを極めたこの甘みよ。


深夜の始まりのようであり、夜明け前であるような。


土から湧き出る春の雰囲気。





2014年2月7日金曜日

レビュー:グレンリベット12年 褪せた色濃い発色の・・・

The Glenlivet 12yo(グレンリベット 12年熟成)を飲んだ。79点。
このグレンリベットはスコットランド政府初の公認蒸留所として有名だ(もともとウィスキーは政府から隠れてつくる密造酒だったのだ)。設立者のジョージ・スミスは他の密造者から「裏切り者」と呼ばれ命を狙われたので、護身用の銃を持ち歩いていたとか。その後に多くの蒸留所が「政府公認」になっていくのだが・・・。
その当時から売れ筋シングルモルトであったのだろう、他の蒸留所が勝手に「グレンリベット」を名乗るので、「ザ」をつけて、「ザ・グレンリベット」と名乗り始めたという経緯がある(ここでいう"The"は、“元祖”とか“本当の”といった意味)。
さてはて、その香味はいかに。
ザ・グレンリベット 12年熟成
【評価】
グラスから立ち上る香りは、ほわっと幅広に広がる。若くて滑らかだが、トゲもある。あまい月光の雫のよう。
口に含めば、刈った下草、ホワイトペッパー、夏の夜風。なめらかだが抜けていく、淡い期待と夢の香り。
褪せた色濃い発色の古い映画のワンシーンのようなウィスキー。

【Kawasaki Point】
79point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:The Glenlivet 12yo(グレンリベット 12年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

ジョージ・スミスと、彼の末息子のジョージ・ゴードン・スミスの名が
ボトルキャップに記載されている

1824年設立

THE GLENLIVET


「ジョージ・スミス」のサイン

褪せた色濃い発色の古い映画のワンシーンのような

グレンリベット蒸留所の位置を地図で確かめてみて。