ラベル 缶のレビュー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 缶のレビュー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 缶のレビュー

レビュー:ブラックニッカ ハイボール(缶)


ブラックニッカ ハイボール(缶)を飲んだ。缶の商品には点を付けないのでポイントなし。
いわゆる「ヒゲのハイボール」、角ハイボールのライバルだが、流通量は角の方が上。


【評価】
鼻を近づければ、レモンの香りの奥に麦。そのコクはギリギリの線でバランスを保ち、えぐみになっていない。しかし缶の香り。
口に含めば、炭酸と程よい甘み、缶の苦味を経由して、後味に麦が口の中全体に拡がり立体感を思わせる。
コンセプトは分かるが、缶でなければいいのに、と考えてしまうハイボール。

【Kawasaki Point】
-point(ポイントなし)
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:ブラックニッカ ハイボール(缶)
地域:日本 (余市と宮城)
樽:バーボンなど
ボトル:オフィシャルボトル


ヒゲのハイボール

後味に麦が口の中全体に拡がり立体感を思わせる



Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 缶のレビュー

レビュー:白ハイボール(缶) 潔さあっぱれ

白ハイボール(缶)を飲んだ。缶の商品には点を付けないのでポイントなし。
あまりウィスキーのイメージのないKIRINからリリースされている。
その味と香りは意外にも・・・・。詳しくは後述。


【評価】
香りはキウイフルーツ、イチゴジャムの乗った焼き菓子、イチジクのジャム。
口に含めば、まろやかな燻製の煙と、フルーティさが同居する。後味にかすかに麦の香り。
白ワインのようでそうでないのは、後味のにがみと麦の焼いた香りがあるからだろう。
缶のハイボールの中ではバツグンの出来(今回、過去の記事:角ハイボール 濃いめに与えた「缶の限界までいったウィスキー」という評価は撤回する)。これなら食事時に買って飲んでも良いと思わせるレベル。サラダにも合うだろうし、チーズを焼いた料理にも合うだろう。

この商品ではホワイトドックといって、樽で熟成させる前のウィスキーを使用しているそうだ(ウィスキー好きの人にとっては「ニューポット」という表現のほうがピンとくるのでは)。なるほど、そのせいで麦の香りがちゃんとあるのか、と納得。
通常、缶の商品はコストを抑えるため熟成年数の若いウィスキーを使わざるを得ないだろう。そうすると、普段しっかりと熟成されたウィスキーを飲んでいる人は満足できない。それならいっそ樽熟成を省いて、ニューポットで勝負、これで味をまとめる、という潔さはなかなか天晴れだ。

【Kawasaki Point】
-point(ポイントなし)
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:白ハイボール
地域:日本 (富士御殿場蒸留所・・かな?)
樽:なし(ニューポットのため)
ボトル:オフィシャルボトル



香りはキウイフルーツ、イチゴジャムの乗った焼き菓子

ニューポットで勝負の潔さはなかなか天晴れ

燻製の煙と、フルーティさが同居


Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 缶のレビュー

レビュー:トリスハイボール缶

トリスハイボール缶を飲んだ。ポイントなし。
缶に描かれたアンクル・トリスが有名。その缶の香りやいかに。

【評価】
香りをかげば、ラムネソーダ、若干の華やかさ。
口に含めば、ほんのり甘く、にがみがバランスよく効いている。
お菓子のラムネがアルコールをまとったウィスキー。・・というか、ウィスキー味のラムネソーダ。

【Kawasaki Point】
-point(ポイントなし)
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:トリスハイボール缶
地域:日本
樽:不明
ボトル:オフィシャルボトル


お菓子のラムネがアルコールをまとっている


Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 缶のレビュー

レビュー:角ハイボール缶 濃いめ

角ハイボール缶 濃いめを飲んだ。ポイントなし。
角ハイボール缶に続いてのレビュー)


【評価】
香りに集中すれば、クリア、薄い森林。
コクがあり、苦味が柔らかい。鉄の味だが、まろやかさをつれてくる。あっさりとした爽やかな後味。
角ハイボール缶よりも飲み物として完成されている。アルコールと炭酸とウィスキー風味、そしてコストのバランスが良く考えられた、缶の限界までいった(2/10 レビュー:白ハイボール(缶)で「バツグンの出来」という表現を与えたのでこの表現は撤回)ウィスキー。

【Kawasaki Point】
-point(ポイントなし)
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:角ハイボール缶
地域:日本
樽:不明
ボトル:オフィシャルボトル


鉄の味だが、まろやかさをつれてくる


Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 缶のレビュー

レビュー:角ハイボール缶

角ハイボール缶を飲んだ。Pointなし。
コンビニのお酒コーナーに並ぶ飲み物として独自の地位を築いている。その香りやいかに。

【評価】
グラスに顔を近づければ、いわゆるアルコール臭、線香と水仙、ほんのり煙たい。夏祭り、ヨーヨー釣りと金魚すくい。
口に含むと煙たさが拡がる。苦味はタバコの煙。缶の味。のどごしは鉄の味。くぐもったフルーツの香り。
苦味がうまみに昇華できていないウィスキー。・・ウィスキーというより、ビールの変り種。
キレイな女優さんに出されたらガマンして飲みたい。

【Kawasaki Point】
-point(ポイントなし)
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:角ハイボール缶
地域:日本
樽:不明
ボトル:オフィシャルボトル


いわゆるアルコール臭、線香と水仙、ほんのり煙たい。

苦味はタバコの煙。缶の味。

キレイな女優さんに出されたら・・・