Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯

「そのウィスキーをもう一杯」 書籍 & SNS

最新の記事情報や、ウィスキーに関するさまざまな話題を提供中。

2018年5月末発売書籍:
各国のAmazonで販売中。(日本でも同様にAmazon.co.jpにて販売中)
各国の書店でもお求めいただけます。

Japanese Whisky: The Ultimate Guide to the World's Most Desirable Spirit with Tasting Notes from Japan's Leading Whisky Blogger



ウイスキーブログ「そのウィスキーをもう一杯」SNSアカウント

Twitterアカウント:
https://twitter.com/whisky1more

Facebookアカウント:
https://www.facebook.com/onemorewhisky

Instagramアカウント:
https://www.instagram.com/whisky1more


Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯

レビュー:Glen Grant 1992 24yo 秋の透明な空気に・・・

Glen Grant 1992 24yo from SMWS 9.119(スコッチモルトウィスキーソサエティの9.119、グレングラント1992年蒸留 24年熟成)を飲んだ。89点。

通称「ソサエティ」からのリリース。ラスト1年を赤ワイン樽で熟成したグラントだ。グラントは比較的スッキリした味わいなので、変化が付いているだろうか。さあ、どんな味わいだろう?






【評価】
グラスを鼻に近づける。日曜の午後に湖に浮かべたボート。秋のキャンプは焚き火を。丸太に腰掛け塩おにぎりを。
口に含む。おお、具は塩昆布の香り。秋の透明な空気に、オレンジ色の光線がやわらかく溶け込む。
遠くで鳥の鳴き声が聞こえる。少し肌寒い夕暮れの味。
丸太に腰をおろし、その子の頭を撫でる。

【Kawasaki Point】
89point

【基本データ】
銘柄:Glen Grant (グレングラント)
地域:Highland(ハイランド)
樽: Bourbon & 1st fill red wine(バーボンと赤ワイン樽フィニッシュ)
ボトル:SMWS(ソサエティ)














Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯

レビュー:カリラ 1997 22年 あかあかと燃え上がる・・・

Call ila 1997 22yo for FEIS ILE 2019(カリラ1997年蒸留 22年熟成 アイラフェス2019向けリリース)を飲んだ。86点。
カリラの20年オーバーがちょっとずつ珍しくなってきた。アイラ島で毎年開かれるウィスキーの祭典、アイラフェス。どの蒸溜所もこのお祭り向けにオリジナルボトルをリリースする。



【評価】
グラスを鼻に近づける。香りが鼻腔までとどくと・・・一日中焚き火して今は夜。あたりに黒い炭が散らばる。あかあかと燃え上がる炎。しんとした夜にパチパチと大きな音を立てる。
グラスの液体を口に含む。ライムジュースを飲むそばで、角砂糖を口に含む子ども。小さな瞳に炎がキラキラと映る。
丸太に腰をおろし、その子の頭を撫でる。

【Kawasaki Point】
86point

【基本データ】
銘柄:Call ila (カリラ)
地域:Islay(アイラ島)
樽: Bourbon (バーボン)
ボトル:Distillery Bottle(オフィシャル)













Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯

レビュー:ベンリネス 20年 夏のしぼりたての・・・

Benriness 20yo by CADENHEAD(ケイデンヘッドからリリースされたベンリネス20年熟成)を飲んだ。89点。

ウィスキーに季節があるなら、これは夏だろうか。



【評価】
グラスから立ち上る香りは、夏のしぼりたてのきんかん、ぽんかん。風鈴の音が聞こえ、入道雲がもくもくしてる。
口に含む。木で作った小さな船、小川にサラサラ流す。柑橘を氷の張った冷たい水に放りこむ。
このウィスキーは、花火でも見ながら飲みたい。

【Kawasaki Point】
89point

【基本データ】
銘柄:Benriness(ベンリネス)
地域:Highland(ハイランド)
樽: Bourbon (バーボン)
ボトル:CADENHEAD (ケイデンヘッド)








Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯

レビュー:カリラ 2005 12yo 雨が降ってきたが・・・

Caol ila 2005 12yo by Gordon & Macphail(信濃屋セレクトのゴードンマクファイルからカリラ2005 12年熟成)を飲んだ。84点。
カリラ、と発音するこのお酒は、Caol=海峡、ila=アイラ島、というゲール語。アイラ島の海峡を意味し、実際にカリラ蒸留所は、アイラ島と隣のジュラ島との海峡に面している。
海の近くで作られたウィスキーには、海のフレーバーがつく。本当のところ、原理はよくわかっていないらしいのだが、どうでもいいと思う。味わってみればいい。

さて、このボトルはどんな味わいだろうか。

カリラ2005蒸留12年熟成 G&M

【評価】
グラスを傾け鼻に近づけると、コンクリートの護岸に荒々しく打ち付ける波。雨が降ってきたが、赤々と燃え続ける一斗缶の炎。ジャンパーのポケットに入ったグレープフルーツの玉。
香りを楽しんだ後、液体を少量そっと口に含む。屋内に入って、上手い人のピアノを聞く。窓ガラスに打ち続ける雨。ストーブの上のヤカンは湯気を激しく吹いている。
内省的な雨の日の無音の瞬間。

【Kawasaki Point】
84point

【基本データ】
銘柄:Caol ila(カリラ)
地域:Islay(アイラ島)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Gordon & Macphail(ゴードン&マクファイル)


ゴードンマクファイルの鹿が凛々しい


2005年熟成 そのころ何してましたか?

2016年瓶詰
護岸に荒々しく打ち付ける波


赤々と燃え続ける一斗缶の炎

内省的な雨の日の無音の瞬間


Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯

活字とウィスキーと空席

拙著『Japanese Whisky』が出版されてより、数か月間。いろいろな方と語り合う機会に恵まれました。それは私の「バー体験」をより豊かにしてくれるものでした。
その経験を言葉にして、数人の方とシェアしていました。万人向けではないけれど、バーが好きな方の中にすこし共感があれば嬉しいです。




活字とウィスキーと空席


活字は踊る
本の上で
ブログから飛び出して

もともとそれは
バーの暗いカウンターの上で
ひらひらと踊っていたのだけど

きらきらひかるグラスと
ウィスキーのあやしい液体に
すっかり魅せられてしまった!

活字たちは気持ちが高ぶって
多くの人に会いに行こう!と思ったのだ

・・・それはやがて、
フランスでInstagramにのっかり
スコットランドでNewsになり、
アメリカでRetweetされる

もとはといえば、活字たちは、
ただの言葉
それも、他愛のない言葉

あるかどうかもわからない、
バーで流れるジャズの、音と音のスキ間に消えてしまう、
そんな他愛もない言葉

翌朝には忘れ去られてしまうだろう、
その言葉たち


活字たちはもともと存在しない


この街で行き交う人々が
どんなに忙しそうで、
どんなに暗い顔をしても、
あるいは楽しいことがあっても、
笑い声が聞こえたとしても、
それらはまるで風のように透明で、
よく考えれば、ふたしかな存在


行き交う人々のなかの
ひとりの若者が、
バーの重たい扉を開ける
するとそこには空席がある

その空席は語りかける

透明な風のような若者に、
「座っていけよ」と

若者はついその気になり腰掛ける

その若者は空席を喜ぶ
バーテンダーや常連客もきっと、
若者が空席に出会えたことを、
微笑ましく思っていただろう

空席がひとつ消えたとき、
若者には居場所が与えられる

透明な空っぽのグラスには、
ウィスキーが注がれる

若者の透明なこころに生まれたことばたちは、
やがて活字となる


すべては、
このバーで生まれた言葉たち!


活字と、ウィスキーと、空席は、
ひととおりの、物語

活字と、ウィスキーと、空席は、
ひととおりの、感謝のことば

「活字と ウィスキーと 空席」は、
あしたもつづく、素敵ななにか