ラベル 1000円台 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 1000円台 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 1000円台

レビュー:ベルズ 古いアルバムを・・・

Bell's(ベルズ)を飲んだ。67点。
イギリス人アーサー・ベルが1850年頃につくりだしたブレンデッド・ウィスキー。流通力はすさまじく、世界で飲まれている。昨日に引き続き、1,000円台ウィスキーシリーズだ。

ブレンドのキーモルトとなっているのは、ブレアアソール、インチガワー、グレンキンチー、カリラなど。シングルモルトとしてはあまり馴染みのない名前が並んでいる。(シングルモルトと、ブレンデッドウィスキーの違いとは?

ベル=鐘、からチャペルを連想させ、ウェディングの場でも用いられることの多い縁起の良い系イメージのウィスキーだ。さて、その香味やいかに。

ベルウィスキー。ボトル上部がベルの形。

【評価】
グラスから立ち上る香りは、淡く穏やか、たおやかな香り。花とチャコール。鉄道のレールを想わせる。
口に含めば、ライトでスムース。古いアルバムをめくっている感じ。色あせた写真と滲んだインク。
“去りゆくものに幸せを”。コンセプトを大切にしている酒。

【Kawasaki Point】
67point

【基本データ】
銘柄:Bell's(ベルズ)
地域:Highland, ハイランド など
樽:Oak, オーク
ボトル:Blended, ブレンデッド

真ん中のベルを両側から獅子が・・・というエンブレム。


アーサー・ベル氏の肖像画

花とチャコール。鉄道のレール




Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: 1000円台

レビュー:バランタイン ファイネスト 春の日の土の香り

Ballantine's Finest(バランタイン ファイネスト)を飲んだ。86点。

コンビニウィスキーシリーズが好評で、リクエストいただいたのが今回の「1,000円台ウィスキーシリーズ」だ。出会えるか出会えないかわからないような、高価で貴重なウィスキーも素敵だが、どこの酒屋でも出会えて「手に取りやすい」という流通力の高いウィスキーも、同じように素敵だと思う。
そこで今回は、実勢価格がおおよそ1,000円台のブレンデッド・ウィスキーを中心にレビューを連載する。
(ちなみに、このブログの評価は単に「香味」だけで、「価格・コストパフォーマンス」は含んでいない)

バランタインのファイネストはいわゆるノン・エイジで、ブレンドされている原酒が何年熟成かは明記されていない。一般的に言って熟成年数を縛らないほうがコストを抑えられるが、“コスト”と“ウィスキーの香味評価”にはほとんど関連がない。
さて、その香味やいかに。


【評価】
グラスから立ち上る香りは、蜂の飛ぶ花園。気品漂うアールデコの手すりとレンガと蔦(ツタ)。赤とピンクのバラが咲いている。春の日の土の香り。木のチェアに腰掛けた老人のパイプ。
口に含めば、老人に手招きされ、庭のティーテーブルで頂くお茶。レモンと蜂蜜。砂糖も載せて。
目を閉じ、ゆったりと味わうのとのできるウィスキー。気品に昇華されたバランス。

【Kawasaki Point】
86point

【基本データ】
銘柄:Ballantine's Finest(バランタイン ファイネスト)
地域:Highland, ハイランド など
樽:Oak, オーク
ボトル:Blended, ブレンデッド

プラスチックのスクリューキャップ。密閉度は高いといえるだろう

鮮明な印刷のグラフィック




庭のティーテーブルで頂くお茶

気品に昇華されたバランス