2013年11月2日土曜日

レビュー:グレンマレイ1977 36年熟成 スパイスのプレゼン

GLENMORAY 1977 36yo(グレンマレイ 1977 36年熟成)を飲んだ。83点。
125本の限定ボトルで、The Laich とあるのは地名だ。ラベルの説明によれば「40日間の特別な夏」がこのウィスキーを熟成させるようだ。
さてはてその香味とは。


グレンマレイ1977年仕込み 36年熟成

【評価】
グラスから立上るのは、崇高な香り。少しの甘みと、焦がしたフルーツ。石っぽさ。
口に含めば、スパイシーな樽香が折り重なる。麦の旨味を味わわせながら、最後まで変化するスパイスをプレゼンテーションする。

【Kawasaki Point】
83point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:GLENMORAY 1977 36yo(グレンマレイ 1977 36年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, Bourbon, オーク、バーボン
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

1977年5月3日仕込み、2013年2月20日に瓶詰め。

ELGIN CLASSIC

蒸留所の限定ボトル


崇高な香り。少しの甘みと、焦がしたフルーツ。

最後まで変化するスパイスをプレゼンテーションする

グレンマレイ蒸留所の位置を地図で確かめてみて。

大きな地図で見る


0 件のコメント:

コメントを投稿