2013年11月19日火曜日

レビュー:オクトモア06.1 スコティッシュバーレイ ただし初心者には・・・

OCTOMORE 06.1 SCOTTISH BARLEY(オクトモア 06.1 スコティッシュバーレイ)を飲んだ。85点。
オクトモアは今や「世界でもっとも煙臭い(ピーティな)ウィスキー」として知られている。フェノール値は世界最大で、オクトモアの記録を、新しいオクトモアが塗り替えているという状態だ。
意外にも飲み口は柔らかいのだが・・・、さてはて今回のオクトモアの香味やいかに。

オクトモア06.1
【評価】
グラスから立上るのは、酸味と煙!甘く脳髄を溶かす香り。ああ、血液の中に溶け込むに違いない。くらくらするほどの。
口に含めば、不思議。柑橘の後味。思わずふた口目。ふくよかな煙が膨らみながら、いや、その実、爆発しているのかもしれない、体の中に入り込む。
暖炉の積まれたレンガに手を掛ける、スス臭さの温かみ。すごい煙体験のウィスキー。

※ただし初心者にはお勧めできない

【Kawasaki Point】
85point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄: OCTOMORE 06.1 SCOTTISH BARLEY(オクトモア 06.1 スコティッシュバーレイ)
地域: Islay, アイラ島
樽: Bourbon, Oak  バーボン、オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


甘く脳髄を溶かす香り。

スタイリッシュで主張のあるボトル

ふくよかな煙が膨らみながら・・・

すごい煙体験のウィスキー。


0 件のコメント:

コメントを投稿