2014年6月1日日曜日

レビュー:グレンモーレンジ コンパンタ 赤紫色の世界

Glenmorangie COMPANTA(グレンモーレンジ コンパンタ)を飲んだ。87点。
このウィスキーは、グレンモーレンジが意味深な名前をつけてリリースするシリーズの第5弾だ(過去にはエランタなどがある)。コンパンタとはゲール語で「友情」だそうだ。蒸溜所の責任者であるビル・ラムズデン博士が「理想の樽」を追い求める旅で出会った人との友情が、このウィスキーの誕生にかかわっているという。

さて、その香味やいかに。

グレンモーレンジ コンパンタ


【評価】
グラスから立ち上る香りは、うっとりする花の蜜。白と赤紫の混じった花びらが群生している。小さな舟でゆっくり進む水の上。華やかなのにヘビーな重低音も感じる。
口に含めば、驚くほど穏やか。ベリーの甘み。シルクのテクスチュア。赤紫色の世界に誘惑され、引き込まれるが、爽やかさすら感じる。後に、心地の良いヘビーさが続く。喉の奥で感じるスパイス。
奥行きのある空間の広がりを感じる一杯。

【Kawasaki Point】
87point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Glenmorangie COMPANTA(グレンモーレンジ コンパンタ)
地域:Highland, ハイランド
樽:American Oak, Clos de Tart,  Côtes du Rhône アメリカンオーク、クロ・ドゥ・タール、コート・デュ・ローヌ
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル



モーレンジのロゴ

コンパンタ プライベートエディションの第5弾

ベリーの甘み。シルクのテクスチュア。

奥行きのある空間の広がりを感じる一杯




0 件のコメント:

コメントを投稿