2013年11月9日土曜日

レビュー:アベラワー1994 18年 モリソン&マッカイ 狂おしいほどの麦

ABERLOUR 1994 18yo MORRISON & MACKAY Seriese:WORLD WONDERS(モリソン&マッカイのワールド・ワンダーズ アベラワー 1994 18年熟成)を飲んだ。88点。
毎回、世界の7建造物がラベルに描かれる「ワールドワンダーズ」のシリーズだが、今回のラベルは、アレクサンドリアの大灯台(Lighthouse of Alexandria)で、紀元前300年ごろ(古代エジプト)のお話。134mという高さを誇り、当時では世界でも最も高い建造物のひとつだったようだ。なんでも「攻めてくる敵の船をこの灯台の鏡で太陽の光を照射し、燃やすことができた」という伝説もあるようだ。
それが本当だったかなんてのは野暮な話だが、、さてはて、肝心の中身の香味やいかに?

アべラワー1994 18年熟成

【評価】
グラスから立上るのは、芳醇な麦麦しさと柾目の木の板がバランスし、墨汁の深み、スパッと割ったばかりの木の表面の清々しさ。
口に含めば、焦がした飴と、焦がした松の葉。花の蜜が舌を襲い、それが次には熱くジリジリと燃えながら、そのまま非常に長い余韻を楽しませる。
狂おしいほどの麦の魅力のプレゼンテーション。その香りの多面さよ。

【Kawasaki Point】
88point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄: ABERLOUR 1994 18yo(アベラワー 1994 18年熟成)
地域: Highland, ハイランド
樽: Bourbon, Oak  バーボン、オーク
ボトル:MORRISON & MACKAY, モリソン&マッカイ

アレクサンドリアの大灯台が描かれている

1994年1月2日蒸留、2012年11月6日ボトリング

すぱっと割ったばかりの木の表面の清々しさ

熱くジリジリと燃えながら、非常に長い余韻を楽しませる






4 件のコメント:

  1. アベワラー
    いつか飲んだのに、こんな表現があるとは。スパッと切った…たしかにそうかも、と今日確かめにBARに行きたくなりました。

    返信削除
    返信
    1. ええ、アベラワー、よい蒸留所ですよね。

      削除
  2. ここに来たら、猛烈にウイスキーが飲みたくなります。ひとりで。

    返信削除
    返信
    1. ひとりで飲むウィスキーは、自らの内面に向かう感じで、僕も好きです。一種の癒しかもしれませんね。

      削除