ラベル ボトラーズ:Duncan Piper(ダンカンパイパー) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ボトラーズ:Duncan Piper(ダンカンパイパー) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Duncan Piper(ダンカンパイパー)

レビュー:ボウモア1990 27yo ゆったりとしたしかし必然性のある・・・

Bowmore 1990 27yo by Duncan Piper(ダンカンパイパーのボウモア1990 27年熟成)を飲んだ。89点。

ボウモアの長熟。世界的にウィスキー原酒不足と言われる中、20数年の有名銘柄はだいぶん見かけなくなってきた。・・・といっても、バーにあるウィスキーのボトルの数が減ってそうもないので、おそらく別のウィスキーを見かけるようになっているのだろう。

しかし長熟には長熟の良さ。
このボトルはどんな香味だろうか。

ボウモア 1990年蒸留 27年熟成

【評価】
グラスを少し揺らす。干し草を焼いている。バナナもついでに焼けている。マンゴーを切って、午後のティータイムの準備は整った。九月のある晴れた日。
液体を口に含む。バナナはナイフで切る。テラスのテーブルに風が吹いて、さきほどの焦げた草の香りが通り過ぎる。友達からの手紙を読む。
ゆったりとした、しかし必然性のある時のながれ。

【Kawasaki Point】
89point

【基本データ】
銘柄:Bowmore 1990 27yo (ボウモア 1990 27年熟成)
地域:Islay(アイラ島)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Duncan Piper(ダンカン・パイパー)

1990.4.24蒸留 2017.10カスクストレングスでボトリング

ラベルの意図は明確・シンプルでよい

干し草を焼いている。


ゆったりとした、しかし必然性のある時の流れ。