ラベル Brand:Bowmore(ボウモア) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Brand:Bowmore(ボウモア) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Bowmore(ボウモア)

レビュー:ボウモア1990 27yo ゆったりとしたしかし必然性のある・・・

Bowmore 1990 27yo by Duncan Piper(ダンカンパイパーのボウモア1990 27年熟成)を飲んだ。89点。

ボウモアの長熟。世界的にウィスキー原酒不足と言われる中、20数年の有名銘柄はだいぶん見かけなくなってきた。・・・といっても、バーにあるウィスキーのボトルの数が減ってそうもないので、おそらく別のウィスキーを見かけるようになっているのだろう。

しかし長熟には長熟の良さ。
このボトルはどんな香味だろうか。

ボウモア 1990年蒸留 27年熟成

【評価】
グラスを少し揺らす。干し草を焼いている。バナナもついでに焼けている。マンゴーを切って、午後のティータイムの準備は整った。九月のある晴れた日。
液体を口に含む。バナナはナイフで切る。テラスのテーブルに風が吹いて、さきほどの焦げた草の香りが通り過ぎる。友達からの手紙を読む。
ゆったりとした、しかし必然性のある時のながれ。

【Kawasaki Point】
89point

【基本データ】
銘柄:Bowmore 1990 27yo (ボウモア 1990 27年熟成)
地域:Islay(アイラ島)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Duncan Piper(ダンカン・パイパー)

1990.4.24蒸留 2017.10カスクストレングスでボトリング

ラベルの意図は明確・シンプルでよい

干し草を焼いている。


ゆったりとした、しかし必然性のある時の流れ。


Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Bowmore(ボウモア)

レビュー:ボウモア2001 16yo シグナトリー 待っていた客船が・・・

Bowmore 2001 16yo by Signatory Vintage(シグナトリー・ヴィンテージのボウモア2001 16年熟年)を飲んだ。88点。

このボトルは297本限定だったようだ。これは希少価値を出そうとして限定している、というよりも、ちょうどあるひと樽をリリースしようとして、それをボトルに詰めたら297本取れた、ということだ。16年熟成で56%の度数。

樽は「ホグスヘッド」と記載があるので、250Lの容量だとして、もし1滴のこさず瓶詰めしたら、700mlのボトルで357本ぐらいの計算になる。ただ、毎年ウィスキーは蒸発していくので、16年経ったら297本だったのだろう(毎年1%ちょっとの蒸発でそれぐらいの数字になる)。たまにはそういう数字の計算遊びもおもしろい。

さて、世界で297本のこのボトルの香味はどのようなものだろうか。

シグナトリー・ヴィンテージのボウモア2001年蒸留 16年熟成

【評価】
グラスをそっと鼻に近づける。柔らかく鼻を包み込む煙を感じる。続けて、フルーツバスケット。テーブルの上の、青リンゴ。50年以上前の古い本のページをめくる。
グラスをゆっくりと傾けて、そっと液体を舌の上に運ぶ。ここはどこか丘の上だろうか。窓から見下ろすと、晴れた海が広がっている。待っていた客船がそろそろ着く頃だ。このリンゴを持って出かけようか。
ジリジリと広がる期待感。静かに抱いていた熱い思いが、今こみ上げてくる。

【Kawasaki Point】
88point

【基本データ】
銘柄: Bowmore (ボウモア)
地域:Islay (アイラ島)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Signatory Vintage(ゴードン&マクファイル社)

2001年3月13日蒸留-2017年3月14日瓶詰

熟成した樽はホグスヘッド

煙の質は柔らかく、鼻をやさしく包み込むかのようだ。

晴れた海の潮、かすかなリンゴの香り







Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Bowmore(ボウモア)

レビュー:ボウモア2000 13年 ハートブラザーズ ガラス細工の・・・

BOWMORE 2000 13yo Heart Brothers(ボウモア 2000 13年熟成 ハートブラザーズ for 信濃屋)を飲んだ。83点。
このボトルのアロマやいかに。

ボウモア 2000年蒸留 13年熟成

【評価】
グラスに充満する香りを吸い込めば、イタリアンパセリごしのイチゴ。燃え尽きた炭。ナイフを入れたマンゴー。
目を瞑って口に流し込めば、温かく柔らかい、だがすっきりとまとまったガラス細工のよう。そのつるんとした表面に水が流れていく。だが灼熱の後味。
フレンドリーだが決して近寄り過ぎない、凛とした輝きを持つウィスキー。

【Kawasaki Point】
83point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄: BOWMORE 2000 13yo (ボウモア 2000 13年熟成)
地域:Islay (アイラ)
樽: Bourbon, Oak  バーボン、オーク
ボトル:Heart Brothers for Shinanoya ハートブラザーズ for 信濃屋

ボトラーはハートブラザーズ

信濃屋は日本の酒屋

灼熱の後味








Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Bowmore(ボウモア)

レビュー:ボウモア スプリングタイド 甘くしびれを・・・

BOWMORE SPRINGTIDE(ボウモア スプリングタイド)を飲んだ。86点。
このスプリングタイドのように、タイトルの後に熟成年数の表記が続かないシングルモルトウィスキーが増えている。シングルモルトウィスキーは「タイトル n年熟成」といったように熟成年数を示すものが今でも大半なのだが、世界的な原酒不足で“年数くくり”では供給が難しくなってきたことや、そもそも熟成年数=香味の価値とは限らないことから、ブレンデッドウィスキーのように、「タイトルのみ」表記が増えている。
(参考:シングルモルトと、ブレンデッドウィスキーの違いとは?

これは良いことだろう。熟成年数が少ない原酒のみが持ちえる良さと、多い原酒のみが持ちえる良さを幅広く選択することにつながるからだ。画家が絵を描くときに、手元の絵具をぜんぶ好きなように使えるように、ウィスキーのブレンダーも原酒を自由に使える。年数という縛りから解放された新たなシングルモルトウィスキーが生まれることを期待できる。

さて、少々細かい話をしてしまったが、このボウモアの香味はどうだろうか?

ボウモア スプリングタイド

【評価】
グラスから立ち上るのは、初夏の土の香り。甘くしびれをもたらす危険な香り。和紙を幾重にもかさねた上の雛菓子。
口に含む。新聞紙を燃やした後のような情熱的な灰っぽさ。甘いスイカ。スッキリとしている。夏の夜の海岸の涼しさ。
そのまま顔を上げて、星座を探す旅に出る。夏の一夜を切り取ったウィスキー。

【Kawasaki Point】
86point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:BOWMORE SPRINGTIDE(ボウモア スプリングタイド)
地域:Islay, アイラ
樽:Oak,  Oloroso Sherry, オーク、オロロソシェリー
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

初夏の土の香り。甘くしびれをもたらす危険な香り。

説明によれば、
太陽と月と地球が整列した大潮(スプリングタイド)のときに
蒸留した原酒を使用しているようだ。

ボトルキャップにはウィスキー好きが愛してやまないアイラ島が描かれている

ボウモア蒸溜所から「スプリングタイド」というタイトルで
リリースされた年数表記のないボトル

情熱的な灰っぽさ。甘いスイカ



ボウモア蒸溜所のウィスキーから海の香がするのはなぜか?それは、蒸溜所が海辺だから。





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Bowmore(ボウモア)

レビュー:ボウモア 2000 13年 ケイデンヘッド 狂おしく弾けて・・・

Bowmore 2000 13yo CADENHEAD SMALL BATCH(ケイデンヘッドのスモールバッチシリーズ、ボウモア2000年蒸留 13年熟成)を飲んだ。87点。
ケイデンヘッドとは1842年創業のスコットランドの歴史あるボトラーだ。スモールバッチとは、少量生産のこと。ウィスキーは、同じ蒸溜所、同じ熟成年数であっても、樽ごとに個性があるので、さまざまな味のバリエーションが可能だ。
さて、このボウモアの香味やいかに。

ケイデンヘッド スモールバッチ ボウモア2000 13年

【評価】
グラスから立ち上る香りをかぐ。石の表面を撫でて、靴の底で灰のなかでくすぶっている火を消す。誰かがグレープフルーツを大きな手でぎゅうっと潰す。それが灰に落ちてジュゥッという。
口に含めば、これは情熱のボウモア。狂おしく弾けて方々に飛んでいく。
後に残るは甘い香り。

【Kawasaki Point】
87point

【基本データ】
銘柄: Bowmore 2000 13yo CADENHEAD SMALL BATCH(ケイデンヘッドのスモールバッチシリーズ、ボウモア2000年蒸留 13年熟成)
地域:Islay (アイラ)
樽: Bourbon, Oak  バーボン、オーク
ボトル:WILLIAM CADENHEAD, ウィリアム・ケイデンヘッド

ヘイデンヘッド スモールバッチ

灰のなかでくすぶっている火を消す

後に残るは甘い香り



このウィスキーが生まれたのは、イギリスはスコットランドの小さな島「アイラ島」にある、ボウモア蒸溜所だ。Bowmoreとはゲール語で“大きな岩礁”という意味。場所をmapで確かめてみて。




Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Bowmore(ボウモア)

レビュー:ボウモア 1997 12年 ハイスピリッツ アールヌーボーな・・・

Bowmore 1997 12yo High Spirits Natural Cask Strength Selection(ハイスピリッツ社のナチュラル・カスク・ストレングス ボウモア1997 12年熟成)を飲んだ。87点。

ボウモア1997 12年熟成 ハイスピリッツ

【評価】
グラスに鼻を近づければ、手に馴染んだ革の名刺ケース。柑橘と灰。舞い上がる砂煙。揺らぐロウソクの炎。絞った柑橘の汁が暗闇でぽたっと落ちるのを眺めている。チョコレート。
口に含めば、柔らかい上質なカーフ。木の板。若葉の萌えた枝。深い味わいというより幅広い味わい。
アンティークショップで見つけたアールヌーボーな木のコーヒーテーブルの様なウィスキー。こなれた装飾性と古い木。

【Kawasaki Point】
87point

【基本データ】
銘柄:Bowmore 1997 12yo (ボウモア 1997 12年熟成)
地域:Islay, アイラ
樽:Oak, Bourbon, オーク、バーボン
ボトル:High Spirits(ハイスピリッツ社)



樽番号1893、1997年蒸留、2009年瓶詰め

柑橘と灰

手に馴染んだ革の名刺ケース

深い味わいというより幅広い味わい。


“ボウモア”は、イギリスのアイラ島という島の中の地名。ゲール語(現地の古い言葉)で“大いなる岩礁” Great Reef of Sea Rock という意味だ。海に面した蒸溜所だ。





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Bowmore(ボウモア)

レビュー:ボウモア2002 12年 W.Agency ゴツい漁師の手

BOWMORE 2002 12yo Liquid Library by Whisky Agency(ボウモア2002 12年熟成 ウィスキーエージェンシーのリキッドライブラリー)を飲んだ。87点。

ボウモア2002 12年熟成 W.Agency

【評価】
グラスを傾けて鼻を近づけると、花とグレープフルーツの皮、灰、ぬっとりとした潮感(決して嫌ではない)。怠惰なようで、洗練された大人。部分的に晴れた空。
目を閉じ口に含めば、濃いグレープフルーツジュース、暖炉の火にあたった記憶、潮の引けた砂。
長い闘いを経験してきたゴツい漁師の手のようなウィスキー。温かみがあるが、それはキレイで無垢だからではなく、経験に裏打ちされている。

【Kawasaki Point】
87point

【基本データ】
銘柄:BOWMORE 2002 12yo (ボウモア2002 12年熟成)
地域:Islay, アイラ島
樽:Burboun Rifill Butt, バーボン
ボトル:Whisky Agency,  ウィスキーエージェンシー

花とグレープフルーツの皮、灰





長い闘いを経験してきたゴツい漁師の手のような

ボウモア蒸留所付近のストリートビュー。白い建物が並んだ風景を堪能してほしい。

大きな地図で見る




Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Bowmore(ボウモア)

レビュー:ボウモア1995 15年 エクスクルーシヴ カスクス 夜開く花

Bowmore 1995 15yo Exclusive Casks, Creative Whisky (クリエイティブ・ウィスキー社のボウモア1995 15年熟成 エクスクルーシヴ・カスクス)を飲んだ。88点。

ちょっと変わったボトルデザインの
ボウモア15yo エクスクルーシブ・カスク

【評価】
その香りは、ウッディネス、煙との調和が美しい。柑橘のフレーバー。夜開く花。ラベンダー。誘われる。
口に含めば、強烈なラベンダー。灰色の混じった赤紫、香りがゆっくりと浸透してくる。崩れそうで崩れないバランスが、水のように分解していく。違和感のない切れ味。ほんのりペデロヒメネスの甘みを残す。
煙とは何かをそっと、分解しながら教えてくれる美しいウィスキー。

【Kawasaki Point】
88point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Bowmore 1995 15yo Exclusive Casks, ボウモア1995 15年熟成 エクスクルーシヴ・カスクス
地域:Islay, アイラ
樽:Oak, Sherry Pedro Ximenez, オーク、シェリー(ペドロヒメネス)
ボトル:Creative Whisky (クリエイティブ・ウィスキー社)

ウッディネス、煙との調和が美しい

大麦のエンボス

エクスクルーシヴとは
「限られたものだけに許された高級な」というニュアンス


灰色の混じった赤紫、香りがゆっくりと浸透してくる

煙とは何かをそっと、分解しながら教えてくれる
美しいウィスキー





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Bowmore(ボウモア)

レビュー:ボウモア 10年 テンペスト バッチNo.3 強烈な潮と焦げ

BOWMORE 10yo TEMPEST Small Batch Release No.3(ボウモア 10年熟成 テンペスト スモール・バッチ・リリース No.3)を飲んだ。83点。
Tempest(テンペスト)の意味は、暴風雨だ。荒れ狂う鉛色の空と海、吹き荒れる風、、といったイメージだろうか。ただでさえボウモアはピート香がガッツリ効いているが、果たして、このウィスキーはいかほどか。

ボウモア テンペスト バッチ3

【評価】
グラスに鼻を近づければ、夏の夕立のあとの土の香り、爽やかな水しぶきと岩。鮮やか。煙がゆるやかにではあるが、薫っている。
液体を口に含めば、焚き木を口の中にいれたような、煙と焦げ。しかし甘さもあり、青い夏の空の下の海、という光景が浮かぶ。
強烈な潮と焦げが、大きな岩のゴツゴツした輪郭を浮かび上がらせるような印象を与えるウィスキー。

※強烈ではあるが、暴風雨というだけでない、バランスも整ったウィスキー

【Kawasaki Point】
83point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:BOWMORE 10yo TEMPEST Small Batch Release No.3(ボウモア 10年熟成 テンペスト スモール・バッチ・リリース No.3)
地域:Islay, アイラ
樽:Oak, Bourbon, 1st Fill オーク、バーボン樽のファーストフィル
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


アイラ島の形がエンボスされたボトルキャップ

Small Batch Release、少量のリリースだ

大きな岩のゴツゴツした輪郭を浮かび上がらせるような印象を与える

夏の夕立のあとの土の香り、爽やかな水しぶきと岩


焚き木を口の中にいれたような、煙と焦げ。強烈。

イギリスの小さな島、アイラ島に位置するボウモア蒸留所を、グーグルマップで確かめてみて。

大きな地図で見る