ラベル Brand:Highland Park(ハイランドパーク) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Brand:Highland Park(ハイランドパーク) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Highland Park(ハイランドパーク)

レビュー:ハイランドパーク 25年 庭には木でできた・・・

HIGHLAND PARK 25yo (ハイランドパーク 25年熟成)を飲んだ。89点。
スコットランドの北端、ノルウェーの西に位置するオークニー諸島のイメージといえば、海と強い風、夏至の沈まぬ太陽、輝くオーロラ、それからヴァイキング、といったところだろうか。そしてもうひとつのイメージは、このウィスキー、ハイランドパークを生みだしている地ということだ。

さて、ハイランドパーク25年の香味はどのようなものだろうか。

ハイランドパーク25年熟成

【評価】
グラスに鼻を近づける。木のテーブルに飾られたバラ、若々しく綺麗なグリーン、真紅の花弁。まるで香水。深い落ち着きをもたらす。
グラスを傾け、液体を口に含む。口の中で花弁が散って、紅い印象を残して溶けていく。レモンのニュアンス。新築の木の家。庭には木でできたシーソー。子供たちが無邪気に遊ぶ。
何重にも木の香がかさなっているのに、決してまとまりを崩さない。

【Kawasaki Point】
89point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:HIGHLAND PARK 25yo (ハイランドパーク 25年熟成)
地域:Islands, アイランズ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

木でできたボトルキャップ

おなじみのロゴ(Bodoni系)のフォント

DISTILLERY KIRK WALL ORKNEY
オークニー諸島のカークウォールの蒸溜所

木のテーブルに飾られたバラ

何重にも木の香がかさなっているのに、決してまとまりを崩さない



Highland Park 蒸溜所はスコットランドの北端に位置する。





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Highland Park(ハイランドパーク)

レビュー:ハイランドパーク オーディン 深く甘い・・・

Highland Park Valhalla Collection ODIN 16yo(ハイランドパーク ヴァルハラコレクション オーディン 16年熟成)を飲んだ。87点。

ハイランドパークが北欧神話の神々にインスパイアされてリリースしているValhalla Collection(ヴァルハラ コレクション)のひとつ。世界限定17,000本。“ヴァルハラ”とは北欧神話に登場する宮殿のようだ。シリーズではこれまで北欧神話の神々である、ソー(雷神)、ロキ(トリックスター)、フレイア(豊穣の女神)が発表されてきた。そして今回の“オーディン”は、北欧神話の主神とされ、このヴァルハラコレクションの完結を意味している。

どのような香味をみせてくれるのだろう。

独特のケースに収められた ハイランドパーク オーディン

【評価】
グラスを鼻に近づける。甘く香る蜂蜜。色とりどりの花々。色彩が強く浮かぶ。真新しい木の船で旅に出よう。明るい太陽の光る海原。爽やかな風。
口に含む。木でできた本棚、並ぶ分厚い布のハードカバー。金の箔押しのタイトル。古い知識の宝庫。しっかり木を感じさせるし、しっかりと甘い。ただこの甘さは軽薄なものではなく、深く甘い。
遠い地の友を思いながら、しっとりと味合うウィスキー。

【Kawasaki Point】
87point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Highland Park Valhalla Collection ODIN 16yo(ハイランドパーク ヴァルハラコレクション オーディン 16年熟成)
地域:Islands, アイランズ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル

木製ケース。ヴァイキング船の竜頭みたいだ。
北欧の木を愛でる文化は日本と通ずるところがある。

甘く香る蜂蜜。色とりどりの花々。

知識に貪欲な神オーディンは
賢い巨人ミーミルが守る泉の水を飲ませてもらう代償として
その片目を失ったと伝えられる。
オーディンはこれにより知恵と知識を得た。

ボトルの独特な質感

の甘さは軽薄なものではなく、深く甘い

遠い地の友を思いながら、しっとりと味合うウィスキー


ハイランドパーク蒸溜所は北海を囲むオークニー諸島に位置する。
オークニー諸島では冬にオーロラが見られることがある。
北方神話ではオーロラはオーディンのもとに集まる偉大な戦士の魂を先導する、
勝利の女神の鎧のきらめきが生み出したものだとされている。





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:Highland Park(ハイランドパーク)

レビュー:ハイランドパーク 18年 ほどよい煙たさとのどごし

HIGHLAND PARK 18yo(ハイランドパーク 18年熟成)を飲んだ。85点。
かなりの定番モルト。さてはてその香味やいかに。

ハイランドパーク18年熟成 ボトルは開けたて

【評価】
グラスに鼻を近づければ、すっきりとした森の香り。柑橘、杏子。夏の池。爽やかでありながら渋い。ホッと落ち着くような。
口に含めば、ころころと舌の先にパウダーシュガーのまぶしてある小さなお菓子が転がる。焦がした樽。バランスのとれた正十四面体。
深すぎず浅すぎず、熱すぎず冷たすぎず、ほどよい煙たさとのどごしのウィスキー。

【Kawasaki Point】
85point

【基本データ】
銘柄:HIGHLAND PARK 18yo(ハイランドパーク 18年熟成)
地域:Islands, アイランズ
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


1798年創業

ハイランドパークのロゴ

爽やかでありながら渋い。ホッと落ち着くような。

ほどよい煙たさとのどごしのウィスキー


イギリスの中でもかなり北の方にあるオークニー諸島のメインランド島。
ここにハイランドパーク蒸留所は位置している。地図を拡大して確かめてみて。