Yuji Kawasaki レビュー:クライヌリッシュ 1995 21yo ELIXIR 客人が来ただろうか・・・ | そのウィスキーをもう一杯

レビュー:クライヌリッシュ 1995 21yo ELIXIR 客人が来ただろうか・・・

Clynelish 1995 21yo by Elixir Distillers(エリクサーディスティラーズよりクライヌリッシュ 1995年 21年熟成)を飲んだ。87点。

エリクサーディスティラーズは、去年までスペシャリティドリンクスと名乗っていたボトラーズ(瓶詰業者)だ。「エリクサー」といえば、よく中世ヨーロッパを舞台としたゲームや物語などでも妙薬として描かれているが、実際、ウィスキーやその元となった蒸留酒は不思議な力のある薬と信じられていた。アルコールは「酒精」とも言うが、火を大きくする精霊の力があると思われていた。今は多くの人がそれを化学だと受け止めているが、それでもまだウィスキーには「香味」の魔法が生きている、という点で同意できる人は多いはずだ。

さて、このエリクサーはどのような香味だろうか。

クライヌリッシュ1995年蒸留 21年熟成 エリクサーディスティラーズ

【評価】
グラスから立ち上る香りは、午後に焼いたばかりのクッキー。杏のジャムが中に入ってる。サクサクで、甘い。ドアステップを上がる靴音、客人が来ただろうか。
液体を口に含む。友人たちと過ごす甘く濃密なひと時。大人の会話が弾む。明るい食卓。ロウソク、食後には洋ナシ。
甘く痺れるような一日の疲れと、充実感。

【Kawasaki Point】
87point

【基本データ】
銘柄: Clynelish(クライヌリッシュ)
地域:Highland(ハイランド)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Elixir Distillers (エリクサーディスラーズ社)


1995年10月蒸留

2017年9月ボトリング

午後に焼いたばかりのクッキー

ドアステップを上がる靴音、客人が来ただろうか



0 件のコメント:

コメントを投稿