ラベル Brand:GlenGrant(グレングラント) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Brand:GlenGrant(グレングラント) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:GlenGrant(グレングラント)

レビュー:Glen Grant 1992 24yo 秋の透明な空気に・・・

Glen Grant 1992 24yo from SMWS 9.119(スコッチモルトウィスキーソサエティの9.119、グレングラント1992年蒸留 24年熟成)を飲んだ。89点。

通称「ソサエティ」からのリリース。ラスト1年を赤ワイン樽で熟成したグラントだ。グラントは比較的スッキリした味わいなので、変化が付いているだろうか。さあ、どんな味わいだろう?






【評価】
グラスを鼻に近づける。日曜の午後に湖に浮かべたボート。秋のキャンプは焚き火を。丸太に腰掛け塩おにぎりを。
口に含む。おお、具は塩昆布の香り。秋の透明な空気に、オレンジ色の光線がやわらかく溶け込む。
遠くで鳥の鳴き声が聞こえる。少し肌寒い夕暮れの味。
丸太に腰をおろし、その子の頭を撫でる。

【Kawasaki Point】
89point

【基本データ】
銘柄:Glen Grant (グレングラント)
地域:Highland(ハイランド)
樽: Bourbon & 1st fill red wine(バーボンと赤ワイン樽フィニッシュ)
ボトル:SMWS(ソサエティ)














Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:GlenGrant(グレングラント)

レビュー:グレングラント 1992 23yo 失恋を歌っている・・・

GLEN GRANT 1992 23yo by CADENHEAD SMALL BATCH(ケイデンヘッドのスモールバッチシリーズ、グレングラント 1992年蒸留 23年熟成)を飲んだ。87点。

カクカクしたボトルでおなじみの、ケイデンヘッド社のスモールバッチシリーズ。スモールバッチは、少量生産ということ。ウィスキーは自然の時間がつくるもので、ひと樽ずつで味わいが違うもの。だから、同じ蒸留所の同じ銘柄でも、多種多様な味わいになる。その多様性を味わえるのが、ウィスキーの魅力のひとつだろう。

さて、今夜はイタリアでは結構メジャーなグレングラントという銘柄。どのような香味だろうか。

ケイデンヘッドのグレングラント23年 1992蒸留

【評価】
その香りは、落ち着きながらも、、高揚感への誘い。スイカの皮、グレープフルーツの皮、ピンクグレープフルーツの果肉。
グラスを傾け口に含む。甘くしっとり聞かせるジャズスタンダードナンバー。失恋を歌っている。
砂浜で寝っ転がる。ほほに砂がつく。

【Kawasaki Point】
87point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄: GLEN GRANT 1992 23yo by CADENHEAD SMALL BATCH(ケイデンヘッドのスモールバッチシリーズ、グレングラント 1992年蒸留 23年熟成)
地域:Highland (ハイランド)
樽: Bourbon, Oak  バーボン、オーク
ボトル:WILLIAM CADENHEAD, ウィリアム・ケイデンヘッド

23年熟成。木の樽の中で23年じっとしていた飲み物。

高揚感への誘い
 
こういったしっとりした大人の一杯に出会ったなら
もう一杯たのみたくなる




Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:GlenGrant(グレングラント)

レビュー:グレングラント 1993 20年 サマローリ バランスより荒削りな・・・

Glen Grant 1993 20yo SAMAROLI(グレングラント 1993 20年熟成 サマローリ)を飲んだ。85点。
イタリアでもっとも飲まれているシングル・モルトとして有名なグレングラント。サマローリというイタリアのボトラーズ(ボトラーズとは?)のこの一杯は、どのような香味なのか。

グレングラント1993 20年

【評価】
グラスを傾け鼻に近づければ、清流と熱い炎を同時にイメージするような香り。麦畑をなぜた風が、さーっと吹き込む。青空。荒く削った木。
唇にグラスの縁をつけ脚を上げれば、清流が口の中に流れ込んでくる。爽やかな風なのに、穏やかで、世界を俯瞰するような気持ちにさせる。
若いのに穏やか。バランスより荒削りな情熱。昼間に乾杯したい酒。

【Kawasaki Point】
85point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Glen Grant 1993 20yo SAMAROLI(グレングラント 1993 20年熟成 サマローリ)
地域:Higland, ハイランド
樽:Oak, Bourbon, オーク、バーボン
ボトル:SAMAROLI、サマローリ


バランスより荒削りな情熱

サマローリのボトルは美しい曲線の花が描かれている

GLEN GRANT

テイスティングノートもデザイン性が高い

爽やかな風なのに、穏やか




Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: Brand:GlenGrant(グレングラント)

レビュー:グレン・グラント 5ディケイズ 爽やかでありながら・・・

The Glen Grant FIVE DECADES (グレン・グラント ファイブ ディケイズ)を飲んだ。86点。
世界で12,000本、うち日本では200本限定。同蒸溜所の責任者であるデニス・マルコム氏が「ウィスキーづくりに携わって50年」を記念してリリースされた。

Decadesとは“10年間”のことで、ここでいう「5 Decades」は具体的には1960年代、70年代、80年代、90年台、2000年台のことを指している。ここ50年間のそれぞれの年代の原酒を使用している。デニス・マルコム氏の経験したこの50年間と、それぞれの年代の原酒。彼にとってはこのウィスキーの味わいとはどのようなものなのだろうか・・・と考えずにはいられない。

さてはて、このウィスキーの香味やいかに。

グレン・グラント ファイブ ディケイズ
【評価】
グラスから立ち上る香りをそっと吸い込めば、下草を刈った山にさわやかな風が吹く。木の筒から青空を覗く。不思議な高揚感。緑に包まれて。
口に含めば、ライト、ライトなのだが、山の緑が芽吹いて燃えているかのように舌の上でドラマを見せる。水晶に映った風景。
爽やかでありながら複雑性を持ち合わせているウィスキー。

【Kawasaki Point】
86point

【基本データ】
銘柄:The Glen Grant FIVE DECADES (グレン・グラント ファイブ ディケイズ)
地域:Highland, ハイランド
樽:oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


5つの年代を示す「V」の文字

グレン・グラントというブランドはイタリアではかなりメジャー

デニス・マルコム氏のサイン

下草を刈った山にさわやかな風が吹く。

爽やかでありながら複雑性を持ち合わせているウィスキー


グレン・グラント蒸溜所の位置を地図で確かめてみて。