Yuji Kawasaki レビュー:アバフェルディ 1991 21yo 丸くて小さなテーブルに・・・ | そのウィスキーをもう一杯

レビュー:アバフェルディ 1991 21yo 丸くて小さなテーブルに・・・

ABERFELDY 1991 21yo by Gordon & Macphail Series Connoisseurs Choice(ゴードンマ&クファイルのコニサーズチョイスシリーズから、アバフェルディ1991 21年熟成)を飲んだ。82点。

ブレンデッド・ウィスキーの「デュワーズ」のキーモルトとして知られるアバフェルディ。シングル・モルトとしてもときどきお目見えする。

さて、このボトルはどんな香味だろうか。

アバフェルディ 1991-2012 21年熟

【評価】
グラスから立ち上る香りは、秋が始まろうとしている湖畔の夕どき。風にそよぐ麦。水面は紅く光り輝く。鳥の声、静かな気持ち。
グラスを傾け液体を口に含む。小屋に入る。丸くて小さなテーブルに用意されたお菓子。杏のジャムのクッキー。あまりに甘い。
祖母と過ごす、安らぎの休暇。

【Kawasaki Point】
82point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Aberfeldy 1991(アバフェルディ 1991)
地域:Highland(ハイランド)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Gordon & Macphail(ゴードン & マクファイル)


秋が始まろうとしている湖畔の夕どき。

風にそよぐ麦。水面は紅く光り輝く。鳥の声、静かな気持ち。

丸くて小さなテーブルに用意されたお菓子。



0 件のコメント:

コメントを投稿