ラベル ボトラーズ:Gordn&Macphail(ゴードンマクファイル) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ボトラーズ:Gordn&Macphail(ゴードンマクファイル) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Gordn&Macphail(ゴードンマクファイル)

レビュー:カリラ 2005 12yo 雨が降ってきたが・・・

Caol ila 2005 12yo by Gordon & Macphail(信濃屋セレクトのゴードンマクファイルからカリラ2005 12年熟成)を飲んだ。84点。
カリラ、と発音するこのお酒は、Caol=海峡、ila=アイラ島、というゲール語。アイラ島の海峡を意味し、実際にカリラ蒸留所は、アイラ島と隣のジュラ島との海峡に面している。
海の近くで作られたウィスキーには、海のフレーバーがつく。本当のところ、原理はよくわかっていないらしいのだが、どうでもいいと思う。味わってみればいい。

さて、このボトルはどんな味わいだろうか。

カリラ2005蒸留12年熟成 G&M

【評価】
グラスを傾け鼻に近づけると、コンクリートの護岸に荒々しく打ち付ける波。雨が降ってきたが、赤々と燃え続ける一斗缶の炎。ジャンパーのポケットに入ったグレープフルーツの玉。
香りを楽しんだ後、液体を少量そっと口に含む。屋内に入って、上手い人のピアノを聞く。窓ガラスに打ち続ける雨。ストーブの上のヤカンは湯気を激しく吹いている。
内省的な雨の日の無音の瞬間。

【Kawasaki Point】
84point

【基本データ】
銘柄:Caol ila(カリラ)
地域:Islay(アイラ島)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Gordon & Macphail(ゴードン&マクファイル)


ゴードンマクファイルの鹿が凛々しい


2005年熟成 そのころ何してましたか?

2016年瓶詰
護岸に荒々しく打ち付ける波


赤々と燃え続ける一斗缶の炎

内省的な雨の日の無音の瞬間


Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Gordn&Macphail(ゴードンマクファイル)

レビュー:アバフェルディ 1991 21yo 丸くて小さなテーブルに・・・

ABERFELDY 1991 21yo by Gordon & Macphail Series Connoisseurs Choice(ゴードンマ&クファイルのコニサーズチョイスシリーズから、アバフェルディ1991 21年熟成)を飲んだ。82点。

ブレンデッド・ウィスキーの「デュワーズ」のキーモルトとして知られるアバフェルディ。シングル・モルトとしてもときどきお目見えする。

さて、このボトルはどんな香味だろうか。

アバフェルディ 1991-2012 21年熟

【評価】
グラスから立ち上る香りは、秋が始まろうとしている湖畔の夕どき。風にそよぐ麦。水面は紅く光り輝く。鳥の声、静かな気持ち。
グラスを傾け液体を口に含む。小屋に入る。丸くて小さなテーブルに用意されたお菓子。杏のジャムのクッキー。あまりに甘い。
祖母と過ごす、安らぎの休暇。

【Kawasaki Point】
82point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:Aberfeldy 1991(アバフェルディ 1991)
地域:Highland(ハイランド)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Gordon & Macphail(ゴードン & マクファイル)


秋が始まろうとしている湖畔の夕どき。

風にそよぐ麦。水面は紅く光り輝く。鳥の声、静かな気持ち。

丸くて小さなテーブルに用意されたお菓子。



Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Gordn&Macphail(ゴードンマクファイル)

レビュー:インヴァーリーブン1991 15yo 揺れる船の中の窓から・・・

Inverleven 1991 15yo by Gordon & Macphail(ゴードンマクファイルのインヴァーリーブン1991 15年熟成)を飲んだ。78点。

Inverleven(インヴァーリーブン)は1991年にすでに閉鎖した蒸留所だ。スコットランドのローランドに位置し、バランタインの原酒のひとつとして使用されていたようだ。すでに閉鎖されていることもあり、シングルモルト(※)で出てくることはあまりないだろう。このボトルの原種は閉鎖された年のもの。(※参考:ウィスキーのシングル・モルトとは何か?)

さて、どのような香味だろうか。

インヴァーリーブン 1991 15年熟成

【評価】
グラスを揺らし、目を閉じ、鼻に近づける。揺れる船の中の窓から、夜の海を眺める。ランプ、蝋燭、洋ナシ。
口に含む。ただただクリスマスプレゼントを待つ少女、それを眺める両親の幸せな眼差し。絨毯の温かみ。

【Kawasaki Point】
78point

【基本データ】
銘柄:Inverleven 1991 15yo(インヴァーリーブン 1991 15年熟成)
地域:Lowland(ローランド)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Gordon & Macphail(ゴードン&マクファイル)

Single Lowland Malt Scotch Whisky

Inverlevenの閉鎖の年である1991年の蒸留

ランプ、蝋燭、洋ナシ。

絨毯の温かみ



Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Gordn&Macphail(ゴードンマクファイル)

レビュー:コンバルモア1984 23yo 心が晴れ渡る・・・

CONVALMORE 1984 23yo by GM Connoisseurs Choice Series(G&M社のコニサーズチョイスからコンバルモア 1984 23年熟成)を飲んだ。81点。

コンバルモアは、すでに閉鎖した蒸留所だ。蒸留所が閉鎖したらそのウィスキーの価値が上がるように受け取られるフシがあるが、本来的には今その蒸留所が稼働しているかしていないかと、ウィスキーの価値とは無関係だろう。ただ、「もうないもの」に特別な感情を抱くのは、人間のさがなのだろう。

さて、このボトルはどんな香りを運んでくるだろう。

コンバルモア1984-2008 23年熟成

【評価】
グラスから立ち上る香りは、白樺と白桃と梨。わずかに香るパイプ。ゆったり雲が流れて、地平線が広がる大地を車で進む。
口に含む。目当ての沢にたどり着いて、岩に腰掛けおにぎりを喰う。笹に包まれた梅干しの握り。
心が晴れ渡る青い空を見上げる。

【Kawasaki Point】
81point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄: Convalmore (ロングロウ)
地域:Highland(ハイランド)
樽: Sherry(シェリー)
ボトル:Gordon & MacPhail (ゴードンマクファイル)

1984年熟成




スぺイサイド(スペイ川流域)

コンバルモアはダフタウンの4番目の蒸留所として1893年に創立された。
1985年に役割を終えた。


Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Gordn&Macphail(ゴードンマクファイル)

レビュー:クライヌリッシュ 1997 18yo G&M どんな激流の日々でも・・・

Gordon & MacphailのExclusive label CLYNELISH 1997 19yo(ゴードンマクファイルのエクスクルーシブラベルのクライヌリッシュ 1997年蒸留 19年熟成)を飲んだ。88点。

ゴードンマクファイルはよく、G&MとかGMとかいわれる。ドルチェ&ガッバーナのように、ドルガバ的な略し方は聞いたことがない。

クライヌリッシュ 1997 18yo G&M

【評価】
その香りは、何層ものベールに覆われているが、一枚ずつのベールを剥いでいく楽しみを与える。いちごのパイだろうか、洋ナシのタルトだろうか、パッションフルーツの種だろうか。その層は重みではなく、柔らかさである。
グラスを傾け、液体をほんの少し口に含めば、飴色に輝く手に馴染むパイプ。重厚なスピーカーから流れるピアノとウッドベース。フルーツが置いてある木のカウンター。
どんな激流の日々でも、ゆったりとした時を思い起こさせる力を持ったウィスキー。

【Kawasaki Point】
88point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:CLYNELISH 1997 19yo (クライヌリッシュ 1997 19年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽: Bourbon barrel (バーボン樽)
ボトル:Gordon & Macphail ゴードン&マクファイル


ボトルのなで肩にはG&Mの文字

シカのトレードマーク

1997蒸留 - 2016瓶詰 樽番号6489


ピアノとウッドベース・・・