ラベル ボトラーズ:Three Rivers(三河屋) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ボトラーズ:Three Rivers(三河屋) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Three Rivers(三河屋)

レビュー:リトルミル1988 23年 WA&3R 小さな暖炉・・・

LITTLEMILL 1988 23yo Whisky Agency & Three Rivers(リトルミル 1988 23年熟成 ウィスキーエージェンシーとスリーリバースのWネーム)を飲んだ。87点。

世界でこのボトルは162本しかないが、特別高価というわけでもない。あるひと樽の原酒が素晴らしかったので、それをボトリングしたらたまたま162本とれて、発売しただけ――。そんな小回りの効くリリースの仕方は、大手蒸溜所やメーカーではあまりされないが、ボトラーと呼ばれる瓶詰め業者にとっては得意技だ。(参考:ボトラーズとオフィシャルの違いとは?

リトルミルといえば「今はもうない」閉鎖系蒸溜所だが、スコットランドでは最古の蒸溜所だったとされている。もう数年すれば、原酒もほとんどなくなっていくのだろうか。
さて、このボトルの中身はどのような香味だろうか。

リトルミル 1998 23年熟成

【評価】
グラスから香るアロマは、優しいチョコレート、溶けたロウと鉄分。まっすぐに伸びる針葉樹。小さな暖炉。
口に含めば、一瞬で解ける鉄と、赤い果実の果汁。イチジク。フレッシュな酸味。
ゆっくりと楽しむことのできる一杯。

【Kawasaki Point】
87point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:LITTLEMILL 1988 23yo (リトルミル 1988 23年熟成 )
地域:Lowland, ローランド
樽: Ex-Sherry Hogshead, Oak, シェリー、オーク
ボトル:Whisky Agency & Three Rivers ウィスキーエージェンシーとスリーリバースのWネーム

ドイツのボトラー Whisky Agencyと、
日本のボトラー Three Rivers。
Three Riversは「三河屋さん」

この綺麗なラベルは
Whisky Agencyでは「アートワークシリーズ」と
呼ばれているようだ

一瞬で解ける鉄と、赤い果実の果汁

ゆっくりと楽しむことのできる一杯












Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Three Rivers(三河屋)

レビュー:ラフロイグ1994 11年 スリーリバーズ 好奇心を持って・・・

Laphroaig 1994 11yo Three Rivers(三河屋のラフロイグ1994 11年熟成)を飲んだ。86点。
およそバーでお目にかかるスコッチ、とりわけアイラ島のウィスキーでいえば、ラフロイグはもっともポピュラーなひとつで、激しく好き嫌いがわかれる銘柄だ。そして好きになった者には、多くのバリエーションを提供してくれる銘柄でもある。
さて、今夜のラフロイグはどのような香味だろうか。

ラフロイグ1994 11年熟成

【評価】
グラスから立ち上る香りは、古いマホガニー。使い込まれたパイプ。温かみのある煙。懐かしくなるような木の酸味。重厚なくたびれ。
口に含めば、おだやかな海に漂う小舟のように。潮の香り、ゆっくりと広がる。レモンチーズケーキの焼きたてのように。フレッシュなコクと穀物感。
古い大きな図鑑を紐解く気分。ゆっくりと慎重に、好奇心を持って。

【Kawasaki Point】
86point

【基本データ】
銘柄:Laphroaig 1994 11yo Three Rivers(三河屋のラフロイグ1994 11年熟成)
地域:Islay, アイラ島
樽: Bourbon, Oak, バーボン、オーク
ボトル:Three Rivers スリー・リバース


味のある美しい書体

三河屋のキャラクターのエプロンには「三」と。

潮の香り、ゆっくりと広がる

好奇心を持って

スコッチランドの西側の小さな島。そこでラフロイグは作られている。ぜひ地図でも確かめてほしい。




Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Three Rivers(三河屋)

レビュー:ボウモア1999 13年熟成 その恐竜を一度見たら忘れない

3Rivers, Dinosaur Series, BOWMORE 1999 13yo(ボウモア1999 13年熟成、三河屋の恐竜シリーズ)を飲んだ。88点。
このダイナソーシリーズのボトルは一度見たら忘れない。なんせ恐竜が描かれているのだから。調べたところ、今回の恐竜はSauropelta edwardsorum(サウロペルタ)のようだ。文献を当たってみたが、ボウモアとの関係性は一切見出せない。ボトラーのただの趣味だろう。しかし、ウィスキーの名前やボトルはなんせ覚えにくいので、こういう尖り方は好感が持てる。
三河屋はボトラーズだ。ボトラーズは蒸留所から樽を買ってきて、独自に寝かせたりして瓶詰めして世に出している(関連:「ウィスキーの“オフィシャルボトル”の意味とは?」)。この三河屋さんは、樽の買い付け1人、営業1人の計2名でやってるらしい。


【評価】
グラスから立ち上る香りは、甘く優雅で、大河のように大量にゆったりと流れてくる。ピートの香りが大河に含まれている。麻の繊維質、ややみかんやオレンジを思わせるフルーティさ。たいまつの炎。
グラスから口に流し込めば、鋭くピートが暴れる。酸味と甘みのバランスが最高で、うまみに昇華されている。重くないスパイシーな後味。
鋭さ、エッジ、うまみのバランスの取れたオシャレな一杯。

【Kawasaki Point】
88point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:BOWMORE 1999 13yo(ボウモア1999 13年熟成)
地域:Islay, アイラ
樽:Oak, Sherry, オーク、シェリー
ボトル:3Rivers, Dinosaur Series, 三河屋の恐竜シリーズ

鋭さ、エッジ、うまみのバランスの取れた
オシャレな一杯

サウロペルタ。
ウィスキーの名前やボトルはなんせ覚えにくいので、
こういう尖り方は好感が持てる

日本から遠く離れたイギリスはアイラ島のボウモア蒸留所。(+や-のボタンで拡大縮小できる)
ここで作られた樽を日本のボトラーが買って、日本で流通し、われわれの口へ運ばれている。

大きな地図で見る