2013年3月9日土曜日

レビュー:タムデュー アートに昇華された木のえぐみ

TAMDHU(タムデュー)を飲んだ。86点。
ブレンデッド・ウィスキーのフェイマスグラウスに使用されているキーモルトのひとつでもある。
蒸留所が閉鎖していたが経営が変わって、今年2013年5月に再開予定だそうだ。ウィスキーの蒸留所は経営が安定しないところが多い。酒を造ることと売ること、両方うまくいくのは幸運なケースなのだろう。


【評価】
グラスをまっすぐ持ち上げ、首を折って鼻を近づければ、草を燻した香り。ハーブの複合。正露丸だが、針葉樹の木の香り。初夏の小川の岩。
首を持ち上げ、グラスを傾け液体を口に流し込むと、なめらかさ、意図的に消された鋭さが、このウィスキーの個性を際立たせる。なめらかな海藻のような舌触りが基調となり、高音部分に木の香りが激しく主張する。木のえぐみがアートに昇華されている。
安い酒だと思って気軽にウッカリ飲むと、その良さに驚かされるウィスキー。

【Kawasaki Point】
86point
※この点数の意味は?

【基本データ】
銘柄:TAMDHU(タムデュー)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, オーク
ボトル:Distillery Bottle, オフィシャルボトル


蒸留所は今年5月に再開予定のタムデュー
歴史は古く1897年からやってます。
ボトルの裏
なめらかな海藻のような舌触りが基調となり、
高音部分に木の香り
気軽にウッカリ飲むと、その良さに驚かされるウィスキー

TAMDHUの意味は、ゲール語で「薄暗い小さな丘」という意味だそうだ。
イギリスはハイランドにあるタムデュー蒸留所の位置を地図で確かめてみて。

大きな地図で見る


0 件のコメント:

コメントを投稿