ラベル ボトラーズ:Signatory(シグナトリー) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ボトラーズ:Signatory(シグナトリー) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Signatory(シグナトリー)

レビュー:ラフロイグ1998 21年熟成 誰かが遠くで・・・

Laphroaig 1998 21yo 曽根物産70thボトルを飲んだ。




その香りは、分厚いウッドベース、レモン、軽やかなのに重厚。
口に含む。木目の詰まった木の表面を撫ぜる。滑らかなその表面に反射する光のにぶさよ。
誰かが遠くでパイプをふかしているみたい。

あからさまなラフロイグではない。円熟したラフロイグ。


KawasakiPoint 89p



和紙が雰囲気出す


21年熟成




アルコールボリューム高め、500ボトル


濃い、樽の出たラフロイグ





誰かが遠くで・・・
Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Signatory(シグナトリー)

レビュー:ロングモーン 1990 26yo シグナトリー 絵本を広げて・・・

LONGMORN 1990 26yo by Signatory(シグナトリー社のロングモーン1990 26年熟成)を飲んだ。89点。

ロングモーン蒸留所は、あまり聞かない名前かもしれない。ただ、実はとても日本と縁が深い蒸留所だ。というのも、日本にウィスキーをもたらした功労者の竹鶴正孝(数年前のNHKドラマ「マッサン」のモデル)が、ウィスキーづくりを学んだ蒸留所のひとつが、このロングモーン蒸留所だ。
歴史的には、ロングモーンがあって、今の山崎蒸留所、余市蒸留所がある、といってもいいほどの、重要な蒸留所なのだ。

さて、歴史は歴史として、このボトルは、どのような香味なのだろうか。

ロングモーン 1990年蒸留 26年熟成 シグナトリー社

【評価】
グラスにそっと鼻を近づけ、ゆっくり鼻で息をする。体全体を包み込むようなふかふかのソファ。絵本を広げて、お話を聞かせよう。スイカやメロン、クヌギの蜜。
液体をそっと口に含めば、パチパチと暖炉の火が燃える。ローテーブルのスイカの皮。子供が寝た後、静かなひととき。
幸せの疲れと、それを癒す余韻。

【Kawasaki Point】
89point

【基本データ】
銘柄: Longmorn (ロングモーン)
地域:Highland(ハイランド)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Signatory (シグナトリー社)

樽のサイズはHogshead。世界で194本。

1990年蒸留 2016年瓶詰

体全体を包み込むようなふかふかのソファの香り


子供が寝た後、静かなひととき。





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Signatory(シグナトリー)

レビュー:ボウモア2001 16yo シグナトリー 待っていた客船が・・・

Bowmore 2001 16yo by Signatory Vintage(シグナトリー・ヴィンテージのボウモア2001 16年熟年)を飲んだ。88点。

このボトルは297本限定だったようだ。これは希少価値を出そうとして限定している、というよりも、ちょうどあるひと樽をリリースしようとして、それをボトルに詰めたら297本取れた、ということだ。16年熟成で56%の度数。

樽は「ホグスヘッド」と記載があるので、250Lの容量だとして、もし1滴のこさず瓶詰めしたら、700mlのボトルで357本ぐらいの計算になる。ただ、毎年ウィスキーは蒸発していくので、16年経ったら297本だったのだろう(毎年1%ちょっとの蒸発でそれぐらいの数字になる)。たまにはそういう数字の計算遊びもおもしろい。

さて、世界で297本のこのボトルの香味はどのようなものだろうか。

シグナトリー・ヴィンテージのボウモア2001年蒸留 16年熟成

【評価】
グラスをそっと鼻に近づける。柔らかく鼻を包み込む煙を感じる。続けて、フルーツバスケット。テーブルの上の、青リンゴ。50年以上前の古い本のページをめくる。
グラスをゆっくりと傾けて、そっと液体を舌の上に運ぶ。ここはどこか丘の上だろうか。窓から見下ろすと、晴れた海が広がっている。待っていた客船がそろそろ着く頃だ。このリンゴを持って出かけようか。
ジリジリと広がる期待感。静かに抱いていた熱い思いが、今こみ上げてくる。

【Kawasaki Point】
88point

【基本データ】
銘柄: Bowmore (ボウモア)
地域:Islay (アイラ島)
樽: Bourbon(バーボン)
ボトル:Signatory Vintage(ゴードン&マクファイル社)

2001年3月13日蒸留-2017年3月14日瓶詰

熟成した樽はホグスヘッド

煙の質は柔らかく、鼻をやさしく包み込むかのようだ。

晴れた海の潮、かすかなリンゴの香り







Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Signatory(シグナトリー)

レビュー:グレンカダム1989 15年 シグナトリー 角度により表情を・・・

GLENCADAM 1989 15yo Signatory Vintage(グレンカダム 1989 15年熟成 シグナトリー社のビンテージシリーズ)を飲んだ。87点。
グレンカダムは少しマイナーだが、バランタインの原酒(バランタインの魔法の7柱のひとつ)としても知られている。今回は、1989年に蒸留され、シェリー樽で15年間熟成させたグレンカダム。果たして、その香味は。

グレンカダム1989 15年熟成

【評価】
グラスから立ち上る香りは、コンクリートと有機溶剤。クヌギの木。木の艶。重たいがきっちり組まれた木の家具。重厚さ、そして繊細さ。
口に含めば、しっとりとしながらも重い。桐のタンスの柔らかさよ。その黒い鉄で出来た金具の冷たさよ。
ゆったりと、角度により表情を変え、怪しく光るその金具よ。

【Kawasaki Point】
87point

【基本データ】
銘柄:GLENCADAM 1989 15yo(グレンカダム 1989 15年熟成)
地域:Highland, ハイランド
樽:Oak, Sherry, オーク、シェリー
ボトル:Signatory, シグナトリー社

シグナトリー ヴィンテージシリーズ

578本のうちの304番めのボトル

ゆったりと、角度により表情を変え・・・




グレンカダムはゲール語で「灰色雁(ガチョウ)の谷」という意味。
蒸溜所の位置を地図で確かめてみて。





Yuji Kawasaki そのウィスキーをもう一杯: ボトラーズ:Signatory(シグナトリー)

レビュー:リトルミル 1965 31年 まるでメリーゴーラウンドの憧憬

LITTLEMILL 1965 31yo Signatory's Silent Still Series (シグナトリーのサイレント・スティル・シリーズ リトルミル 1965 31年熟成)を飲んだ。89点。

リトルミルはスコットランド最古の蒸留所と言われるが、1994年に閉鎖しており、それ以降はもう新たな原酒が出てくることはない。蒸留所の経営はとかく安定しない。失われていく蒸留所もあるし、その代わりに、新たに産声を上げる蒸留所もある。永遠はあり得ず、時が流れている、ということなのだろう。そんなことを思うと、今、この時代にたまたま出会えたウィスキーに対して、感慨深くなる。

サイレント・スティル リトルミル31年熟成

【評価】
グラスに顔を近づければ、すっきりとした香りに驚く!鮮やかな花々なのに、画用紙に描かれた水彩画のようなソフトフォーカスな印象。桃、プラム、オレンジ、イチゴなどの果物。
口に含めば、あっさりとしたバニラに、クッキーの粉。そして、まるでメリーゴーラウンドが廻るような鮮やかな憧憬が浮かぶ。
長熟だが、鮮やかさとソフトフォーカスの同居した、美しいウィスキーのひとつ。

【Kawasaki Point】
89point

【基本データ】
銘柄:LITTLEMILL 1965 31yo (リトルミル 1965 31年熟成)
地域:Lowland, ローランド
樽:Oak, Bourbon, オーク、バーボン
ボトル:Silent Still Series Signatory (シグナトリーのサイレント・スティル・シリーズ)

サイレント・スティル・シリーズ

ボトラーはシグナトリー

サイレント・スティル・シリーズは
現在稼動をしていない蒸留所のシリーズである