2013年3月28日木曜日

カクテル:ニューヨーク 甘い誘惑のオレンジ色

お洒落なカクテルは、ウィスキーを親しみやすい存在にしてくれる。
スタンダードカクテルの「ニューヨーク」といえば、あのオレンジ色が人気。大都会の朝日なのか夕日なのか、甘い誘惑なのか凛とした主張なのか・・。仕事帰りの女性が背筋を伸ばして飲んでいたなら、オッと目を引く、そんなイメージのカクテルだ。

癒しを求めたくなるオレンジの色合い

 【評価】
グラスに鼻をやれば、薬草の香りと、火薬、バラのエッセンス、ミント。
口に含み飲み込めば、ノドは熱く、口の中は冷たい。口に残るレモングラスの香り。

【Kawasaki Point】
-
(カクテルには点数をつけない)

【基本データ】
カクテル名:「ニューヨーク」
ベース銘柄:ワイルドターキー8年、カネマラ
Bartender:小嶋修 (Osamu Kojima)


ニューヨークという名前だけに、アメリカ・ウィスキー(バーボン)のワイルドターキーを使用している。それから今回は、アイリッシュのカネマラも使用。


大都会の朝日なのか夕日なのか、甘い誘惑なのか凛とした主張なのか・・

ノドは熱く、口の中は冷たい。口に残るレモングラスの香り。

カクテルの面白さは、癒しでありインスピレーションであるところだろう。
また、ウィスキーの別の魅力をぐっと引き立てること。

今夜も、よいウィスキーライフを。


0 件のコメント:

コメントを投稿